摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

NIED トップページに紹介されているハフポストの記事

www.huffingtonpost.ca

 

NIEDが今も紹介しているHuffingtonpostの記事。摂食障害から回復中の人へのアドバイス

 

・自分に思いやりを。ストレスが多いときに摂食障害の考え方や古い行動が戻ってくるのはふつうのことです。もし摂食障害の考えや行動が戻っているなら、今の世界の状況への反応である可能性を認識してください。

 

摂食障害の行動で短期的に感情を麻痺させても、問題は解決しないことを忘れないでください。それはむしろ事態を悪化させます。

 

・古い摂食障害の考え方により、必要な食べ物を買うことを妨げることに注意してください。

食べ物に良い悪いのレッテル貼りをすることをやめ、好きなときに好きなものを食べる許可を自分に与えます。常温保存できる食品から十分な栄養がとれます。一部の人にはこれは恐ろしいことかもしれませんが、避けてきた食べ物を買うことはその不安を取り除く助けになることがあります。どうしても無理ならば、安全だと思える食品のデリバリーという方法もあります。

 

・身体には柔軟性・弾力性があり、エクササイズをしなくても生きていけます。体温を保つだけでも多量のエネルギーを必要とします。もし運動ができなくてパニックになっていたら、まず深呼吸しましょう。

 

摂食障害の考えに戻らないためのルーチンを確立しましょう。計画的な食事や感情を書き出すこともよいでしょう。

・ルーチンに組み込むこととして、サポートしてくれる人とのつながりを保ちましょう。他の人と一緒に食事をすることは強力な回復のツールですが、できなければオンラインでもよいです。あなたが経験、感じていることについて信頼する人に話すことをためらわないでください。あなたの中の摂食障害の部分は、以前の行動に戻りたがっているので、それに気づける人と話をしましょう。

 

・オンラインのフォーラムや支援にコンタクトをとりましょう。

・回復は価値のあるプロセスであり、あなたには摂食障害を超える価値があります。

 

nied.ca

NIEDはカナダの摂食障害支援団体