摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Other specified feeding or eating disorders(OSFED)

OSFEDについてのメモ

https://www.nedc.com.au/eating-disorders/eating-disorders-explained/types/other-specified-feeding-or-eating-disorders/

より

Other Specified Feeding or Eating Disorder (OSFED) was formerly recognised as Eating Disorder Not Otherwise Specified (EDNOS) in the Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (DSM-IV).According to the DSM-5, a person with OSFED may present with many of the symptoms of other eating disorders such as anorexia nervosa, bulimia nervosa or binge eating disorder but will not meet the full criteria for diagnosis of these disorders. Around 30% of people who seek treatment for an eating disorder have OSFED. People with OSFED commonly present with extremely disturbed eating habits, and/or a distorted body image and/or overvaluation of shape and weight and/or an intense fear of gaining weight (if underweight). OSFED is the most common eating disorder diagnosed for adults as well as adolescents, and affects both males and females. 

 

www.verywellmind.com

行動の症状

 

特定の食品の摂取を拒否する(炭水化物、砂糖、乳製品を含まないなどの食品のカテゴリーに対する制限)
「太った」または太りすぎを感じることについての頻繁なコメント
空腹感についての否定
他人の周りで食べることへの恐れ
過食
パージ行動(食後の頻繁なトイレへの旅行、嘔吐の兆候および/または臭い、下剤または利尿剤の包装紙またはパッケージ)
食べ物の儀式(過度に噛んだり、食べ物に触れさせないなど)
食事を抜くか、通常の食事で少しずつ食べる
食べ物を盗んだり蓄えたりする
過剰な量の水(またはノンカロリー飲料)を飲む
うがい薬、ミント、ガムを過剰に使用する
だぶだぶの服で体を隠す
過度の運動(天候、倦怠感、病気、または怪我にもかかわらず)

 

感情的な症状

低い自己評価
うつ病
承認の強い必要性
不安
人間関係や活動に従事することがほとんどない
簡単にイライラする
非常に自己批判

 

身体症状

体重の顕著な変動
胃腸の症状(胃のけいれん、便秘、胃酸逆流症など)
月経不順と無月経(月経不順)
集中力の低下
貧血
甲状腺機能低下症とホルモンレベル
カリウム
血球数が少ない
心拍数が遅い
めまい
失神/失神
いつも寒い
睡眠障害
指の関節の上部を横切る切り傷とたこ(嘔吐を誘発した結果)
歯の問題(変色した歯、エナメル質の酸蝕症、虫歯、歯の過敏症など)
乾燥肌
乾いてもろい爪
唾液腺の周りの腫れ
体の細い髪
薄毛または乾いたもろい髪
筋力低下
黄色い肌(ニンジンを大量に食べることから)
冷たい、まだらの手と足
足のむくみ
傷の治癒が悪い
免疫システムの障害