摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

中年以降の摂食障害 next avenue

www.nextavenue.org

 

62才男性の例、55才の女性の例をあげて、中年以降の摂食障害について知っておくべきこととして書かれいてる。

 

NEDAのCEOであるClaire Myskoによれば、摂食障害の3人に1人は男性。

ノースカロライナ大学摂食障害プログラムのディレクターであるシンシア・ブリック

「通常、高齢者に摂食障害が見られる場合、それは再発です。以前に摂食障害の病歴がない摂食障害と診断された高齢者はめったにありません。」

 

中年以降の女性と男性の場合、閉経周辺期、閉経、筋肉量の減少、勃起機能の低下、白髪やしわの出現など、加齢に伴う身体的変化の結果として、摂食障害が再び出現する可能性があります。

配偶者や子供との対立、キャリアや仕事の状態の変化、または病気もまた、新たな激変を引き起こす可能性があります。すべての人の経過は異なりますが、摂食障害の一般的な分母は、私たちが若者であろうと後の人生であろうと、知覚されたコントロールの喪失です。

研究によれば、健康への影響は若年者より高齢者の方が深刻である可能性。

 

最悪な方法は、摂食障害の問題があることを無視することです。会話を始めるために、穏やかで押し付けないアプローチを取るのがよいです。

 

「最近あなたの変化に気が付きました。体重が減っている、過度に運動をしているようで、何か他に問題が起きているのではないかと思います」

 

また、食事の問題ではなく、人間関係や感情的な問題にふれます。

 

治療の目標は、体重と栄養状態を安定させ、いろいろな食物を食べ、ダイエットの試みをやめることです。

 

治療が成功したということは、平和的に自分の身体に向き合う方法を見つけたことを意味します。身体を愛する必要はありませんが、受け入れる必要があります。