摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

RAVES MODEL 

www.riveroakhealth.com.au

 

神経性食欲不振症に対処する方法として見かけることがあるRaves Model

具体的にはどんなものか日本語の資料があまりないので

Riveroak healthe teamのサイトからそれらしき資料を見てみました。

https://eatingdisorderscarerhelpkit.com.au/wp-content/uploads/2019/10/RAVES-Model.pdf

https://ceed.org.au/wp-content/uploads/2020/04/CEED_Handout_RAVES_Jeffrey-1.pdf

機械翻訳して内容を見てみると

 

ポジティブな食の関係を発展させるためのバックポケットガイド
Shane Jeffrey – Dietitian
www.riveroakhealth.com.au


RAVES is an evidence informed framework that supports
the development of positive food relationships through
combining science and personal values. With years of
practical clinical application in the fields of eating
disorders and weight concerns, RAVES is the perfect
“back pocket tool” to guide change for your clients in
moving toward intuitive eating practices.


RAVESは、科学と個人の価値観を組み合わせることにより、ポジティブな食の関係の発展をサポートする証拠に基づいたフレームワークです。 摂食障害や体重の問題の分野で長年にわたって実用的な臨床応用が行われているRAVESは、クライアントが直感的な食事の習慣に移行するための変化を導くための完璧な「バックポケットツール」です。

REGULARITY


Provides the foundation of the model through structure  Eating five to six times a day – no emphasis in quantity  
Assists in reducing binge eating episodes  
Stimulates metabolic eciency – gets the fire burning
  Improves digestive functioning – gym workouts for the gut 
 Helps maintain blood sugar levels – reducing highs and lows

1日5.6回食べる(量は重視しない)という形を通して、このモデルの基礎を明らかにします。
過食症のエピソードを減らすのに役立ちます
代謝効率を刺激します–代謝を促進
消化機能を改善します–腸のためのワークアウト
血糖値の上昇と下降を抑え、血糖値の維持をサポートします。

ADEQUACY  妥当性

Provides for nutritional adequacy
Medical stability, Nutritional Rehabilitation
Quality of food choices - food groups and balance
Quantity of food choices – portions and energy intake
Addresses macronutrient intake and distribution
Allows the client to stick with safer foods initially


栄養の適切性を提供します
医学的安定性、栄養リハビリテーション
食品選択の質-食品グループとバランス
食品選択の量-部分とエネルギー
摂取量主要栄養素の摂取と流通に対処します
クライアントが初期には安全な食品に固執することをゆるします


VARIETY

Challenges beliefs of good v bad foods – all foods equal
Lays the foundation for social eating opportunities
Introduces wider range of foods – there are no ‘bad’ foods
Explores relationship of trust with food – permission
Explores concept of taste – get taste buds dancing
Lays foundation for social connection around food


良い食品と悪い食品の信念に挑戦–すべての食品が等しい
社会的な食事の機会の基盤を築く
幅広い食品を紹介する–「悪い」食品はない
食品との信頼関係を探る–許可
味の概念を探る–味蕾を踊る
 食をめぐる社会的つながり

EATING SOCIALLY

Establishes confidence in social eating situations
Social reconnection with friends and family
Supports the development of values based social networks
Conversations challenge and distract from internal rhetoric
Extends trust in food to food prepared dierently/by others


社会的な食事の状況への信頼を確立する
友人や家族との社会的再接続
価値観に基づくソーシャルネットワークの開発をサポートする
会話は内部のレトリックに挑戦し、気を散らす
食品への信頼を異なる方法で調理された食品に拡大する

SPONTANEITY 自発性
Flexibility in food thinking and practices
Supports sustainable and intuitive eating practices
Allows the client to be more socially integrated
Provides scope for a more natural food relationship
Reduced cognitive engagement in the eating process
Increased confidence and trust in natural body signals

食品の考え方と実践における柔軟性
持続可能で直感的な食事の実践をサポート
クライアントがより社会的に統合できるようにする
より自然な食品関係の範囲を提供する
食事プロセスへの認知的関与の減少
自然な身体信号への信頼と信頼の向上

 

INTUITIVE EATING PRACTICES 直感的に食べることの訓練