摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

EQUAL AND OPPOSITE MESSAGING:Feast 摂食障害に話しかける時、摂食障害の言葉を使わない

www.feast-ed.org

 エミリーボーリング

オレゴン州コーバリス出身の作家兼科学者。イェール大学('18)を卒業し、オレゴン州で海洋生態学と遺伝学の修士号('20)を取得。大学時代に神経性食欲不振症から回復して以来、彼女は活発な講演者、作家、そして一対一のメンターになる。

 

 

A golden rule: Never use the language of an eating disorder to talk back to an eating disorder. 

典型的な例としてあげられているもの

 

「心配しないで。回復しても痩せていることはできる」

「ずっと回復した体重のままでいなくても、必要になったらまた(過剰な)運動にもどしてもいい」

一日何回もの食事と間食が治療となっているのを嘆いた時、それを見た人から「それはとても普通の量じゃない!」

 

 

これらすべてに共通するものは、何らかの形で、摂食障害の言語と論理を使用して、引き起こされた不安に話しかけている。それらはすべて、「痩せている=より良い」、「フィットネスは普遍的な価値である」、「ある量の食品は「正常」であり、他の量はそうではない」などの信念に基づいている。いずれの場合も、言語は私を慰めたり安心させたりするために明確にえらばれているが、害はたしかにある。   

何年もの間、私はこれらのようなコメントを脂肪恐怖症、食文化、そして情報の完全な欠如に帰した。そして、それは事実ではある。医学、科学、社会における体重の偏見は、診断の失敗医学的合併症治療へのアクセスの欠如アイデンティティに基づく差別、そして深刻な感情的苦痛につながる蔓延する問題です。医師、栄養士、およびセラピストは、摂食障害のトレーニングが0でも学位プログラム全体を完了することができる。しかし、何年にもわたって私はこれらのコメントを、十分な教育を受けた、善意のある人々から何度も聞いてきて、何かがあると思い始めた。

このような誤った発言の裏には、「共感したい」という思いがある。

 

本人が「回復した体重はうけいれられない。すっかり太ってしまった」というとき、

摂食障害の言葉を使うよう誘惑されている。そしてこう言いたくなる

「心配しないで。そんなに太ってはいないよ。あなたは美しくて健康的です」

 

助けてあげたい、この「何が何でも痛みを止めたい」という衝動は、医療従事者、家族、友人などに共通するもので、本能的で善意の強いものである。

 

しかし、そのような言葉をつかう前に、今は自身でチェックする。身体醜形障害の現実を考えると、摂食障害から回復中の人々は自分自身をはっきりと見ることができず、通常は身体的変化を過大評価しています。しかし、外見を強調することは、たとえあなたが安心させようとしているときでさえ、外見が価値を決定するという信念を強化するだけであることを私は知っています。物理的な変化を軽視することは、その瞬間に安心するかもしれません。しかし、それは、より大きな体は受け入れられず、変化=悪いという神話を強化するだけです。 

 

摂食障害の言葉を使って話をすることは絶対にしないでください。そうすることから生じる短期的な快適さは、莫大な長期的なコストよりも重要です

 

摂食障害の谷と回復の谷の図

拒食症の谷(恐怖と硬直の場所)からは、回復の谷(自由、信頼、安らぎの場所)の気持ちを思い出したり想像したりすることはできない。拒食症の規則は、自然で、明白で、論理的に一貫していると感じる。鉄壁であり、物理的な手がかりによって強化されています。これは意志や想像力の失敗ではない。それは生物学的事実であり、摂食障害のある人がエネルギー不足に陥ったときに体と脳で発生する測定可能な代謝的および心理的変化の産物である。 

つまり、摂食障害のある人にあなたが言うことはすべて、フィルターを通して処理されるということ。それは、摂食障害の既存の考えを支持する証拠だけを認める膜を通過する。または、摂食障害は証拠を注意深く変更し、目的のためにあなたの言葉をねじまげる。この陰湿なサイクルから逃れるための祈りを持っている唯一のメッセージは、反対方向に同じくらい強力なメッセージである

回復された世界観を大声でそして明白に話すこと

拒食で栄養士から食事プランを提示された時、拒食症者には不満がある。それは拒食症だから。そして手抜きを始めた時、栄養士がプランを緩めて"実現可能な目標に変更"する。その時拒食症者が受け取るのは「もともと根拠のないプランだった。このプランは疑わしい」

 

必要だったのは食事計画がしたがうべき揺るぎないものであるというメッセージで例外がないこと。

 

摂食障害の論理は生物学的に不自然であり、根拠がないとしても予測可能で一貫性がある。

摂食障害は間違いなく、あいまいさを逃さず事前に形成された信念を通してそれを処理し、あなたがそれほど病気ではなく、あなたの体は受け入れられず、あなたは食べる必要がないという信念を解き放つ。

 

だから、摂食障害の言葉を話すのは意味がない。あなたが病気の谷に閉じ込められているとき、あなたをそこに留めている考えはそれ自体で十分に壊滅的です。今、あなたが回復を助けることになっている誰かから、その谷で機能するまさにその規則を支持する声明を聞くと想像してください!あなたは摂食障害がすでに言っていることを正確に結論付けるでしょう:やせる人生は唯一の選択肢で、「回復」と呼ばれる場所があってはならない。私の摂食障害のルールは真実だ。

 

 

そして、これが問題の核心です。家族や友人、臨床医、つまり回復を支持するすべての人が、丘と谷の図には2つの側面があることをはっきりと理解する。あなたは、病気を超えた世界があることを知っており、摂食障害の言葉を使う。そして、あなたはあなたの愛する人にもそれを必死に見てもらいたいのです。それで、あなたは彼らにライフラインを投げます—痩せとフィットネスの言語で作られたライフライン摂食障害を持つ人が聞くことができるように見える唯一の言葉。 

 

しかし、病気の谷では、回復した谷を見ることができません!私たちが知っている限り、そこには他に何もありません。それが、摂食障害の生きた経験を説得力があり、包括的にする方法です。ですから、あなたが無秩序な言葉を使うとき、私たちは丘の向こう側に立って私たちを前にだましている人の声を聞きません。誰かが病気の谷に私たちと一緒に立っているのを聞いて、これが正しい(そして唯一の)場所であることを確認します! 

摂食障害のある人への真の共感は、あなたが期待するものとは異なって見えます。「私たちがいる場所で私たちに会う」とは、病気の谷に参加し、その規則と語彙を採用することを意味するのではありません。これは、図には2つの側面があることを思い出させることを意味します。それは他の谷に立つことを意味します。それは、言葉や行動を通して、ルールが根本的に異なる「回復」と呼ばれる場所があることを示し、助けがあれば私たちもそこに到達できることを思い出させることを意味します。   

 

ここに秘密があります:深く、あなたのクライアントまたは友人または子供はこのメッセージを聞きたがっています。最悪の病気、つまり外部の観察者にとって、拒食症に取り残されてそこにとどまりたいと思った瞬間でさえ、私は救助に必死でした。栄養士のオフィスに入った最初の日、私は外見的に反抗しました。私の不安は、体重を増やすことを強く拒否したように見えました。しかし、水面下で、私は怖くて疲れ果てていました。私はこのことを恐れていましたそれは私の喜びと私の代理店を奪い、私の世界を惨めで中空の場所にしました。私の抵抗と抗議の下で、拒食症の行動に固執する下で、私はそれをすべて手放す許可以上のものを望んでいませんでした。私は誰かが「もうこれをする必要はありません。あなたの負担を置きなさい。別の生き方があります。」  

そして、私がこのメッセージを受け取らなかったとき、つまり栄養士が私の痩せたいという願望を支持し、私の体に対する恐れを肯定したとき、その小さな希望の炎はすぐに消えました。あなたが摂食障害を持っているとき、抵抗の種は非常に壊れやすいです。彼らはわずかな落胆に対して脆弱であり、あなたの病気が「正しい」必要があることを確認する微妙な外部の兆候です。

回復期にある人をサポートするには、非常に注意深く、注意深く、忍耐強くなければなりません。多くの場合(実際、通常)、無秩序な行動の下で、静かにそして慎重に成長している自由への欲求を見ることができません。通常、あなたは反対を見るでしょう:まるで彼または彼女の人生がそれに依存しているかのように、彼らの病気の世界観に固執しているように見える人。これは、摂食障害の最も残酷な皮肉の1つです。病気の表面症状は、認識されることを切望している、真下に存在する真実を覆い隠し、矛盾します。したがって、いつでも、回復のサポーターであるあなたは準備ができている必要があります。回復の谷からの統一された明確な招待を提供する準備ができているので、私たちが最終的にそれを受け取るのに十分強い(または十分に疲れている)と感じたとき、私たちが自由である必要がある真実はすでにそこにあります。 

「等しく反対」のように聞こえる:回復会話のヒント

良いニュースはこれです。摂食障害の印象的な予測可能性のために-それはその根底にある信念をサポートするために証拠のすべてのビットをどれほど強くそして迅速に歪めるので-それは実際に対抗するのが合理的に簡単です。「平等で反対のメッセージ」は謎ではなく、毎回新たに発明しなければならないものでもありません。ほぼすべての会話を導くために、学ぶことができるパターン(提供するステートメントと避けるべきステートメント)があります。これが私の一部です。 

あなたが話す前に考えてください(そして想像してください!)

摂食障害のある人と話す前に、私は自分自身に問いかけます。栄養不良の脳はこれをどのように解釈するのでしょうか?私が自分の病気に深く関わっていたとき、どうやってこれらの言葉を聞いたのでしょうか。 

あなたが摂食障害を経験したことがないならば、あなたが始めるのを助けるためにここにいくつかの質問があります。

この声明は、一部の団体が他の団体よりも「優れている」ことを意味していますか? 
一部の食品の道徳的価値が高い(または低い)ことを示唆していますか? 
それは疑う余地のない価値として「健康」(読む:健常なフィットネス)を支持しますか?
トリガーとなる可能性のある数字や行動についての言及は含まれていますか?
摂食障害のある人は、食事を制限したり、過度の運動をしたりするための言い訳としてこの声明を使用できますか? 
この声明は食文化の理想を永続させますか?体重の不名誉?
内部の特性よりも物理的な特性を強調していますか? 
それは、ポジティブな方法でもネガティブな方法でも、人々の間の比較を促進しますか?
覚えておいてください:あなたが話している人は、選択的なフィルターを通して聞きます。これらの質問のいずれかに「たぶん」と答えた場合は、摂食障害のある人の答えは「はい」であると想定し、あなたの言葉を再考してください。 

お知らせではなく質問を選択してください

回復の過程で私が最も目に見えないのは、これです。人々が外見や行動に基づいて私の内面の状態を推測しようとするときです。回復において、外部の進歩は必ずしも内部の幸福を意味または生み出すわけではありません。実際、通常は逆のことがしばらくの間当てはまります。 

「お食事プラン全部食べました!あなたはとてもうまくやっています!」

「先週設定した目標に関して、あなたは進歩を遂げていることに気づきました。その気持ちはどうですか?頭の中で何が起こっているのですか?」

「今日は食べ過ぎなので、再発しているに違いない!」ではなく 

試してみてください。「昼食時にフードグループを避けていることに気づきました。その決定には何が入りましたか?なんらかの形であなたをサポートできますか?」

摂食障害はすでに感情と行動の強いつながりを信じています。制限することは、苦しみの無意識の合図であり、自分自身や他の人に、物事が内部で「間違っている」と感じていることを確認する方法です。感情を表現する他の方法を実践するのを手伝ってください。つまり、感情を率直かつ直接的に共有することです。私たちが内なる真実を話すとき、他の人が耳を傾けるだろうと信じるように教えてください。私たちは一人ではありません。 

しっかりとした境界を 提供し、それに固執する

摂食障害が曖昧さで何をするかを覚えておいてください。あなた、そしてここでは特に臨床医を意味しますが、回復について誰かに選択肢を与えることは有用であり、敬意を払うべきだと思うかもしれません。あなたはそれが賛同を増やし、ケアのパートナーとして患者を巻き込む方法だと思うかもしれません。しかし、いつでも、摂食障害の自己と健康な自己という2つの異なる「人々」と話している可能性があることを忘れないでください。摂食障害は、ほとんどの場合、より大きな声を出します。回復期にある人の話を「聞く」とは、摂食障害の意見に放送時間と信憑性を与えることを意味し、それによって健康な自己が話す方法を学ぶのを助けることができません。

したがって、自由な選択や議論の代わりに、交渉不可能な境界内でオプションを提供します。 

「今週の運動に関する私たちの戦略はどうあるべきだと思いますか?」と尋ねるのではなく、

言ってやるがいい。「エネルギー不足を引き起こす方法としてランニングを使うのは大丈夫ではない。今週は、ランニングを完全にやめたいですか、それともおやつを追加してショートランを1つ選びますか?」 

回復中の人にやる気とビジョン(摂食障害の谷ではほとんどアクセスできない性質)を見つけるのを手伝ってもらう代わりに、「それがどうなるか」のしっかりした絵を提供してください。  

「確かにあなたは再発したくないです。完全な回復の質のリストを作成し、何があなたを妨げているのかを特定してみませんか?」

次のように言います。「これまでのように制限や過度の運動を続けることはできません。この再発を一緒に好転させます。ここで、またはより高いレベルのケアで、それをどのように実現したいですか?」 

私は、反逆を引き起こしたり、私たちを怖がらせたりすることを恐れて、そのような強い言葉を使うことをためらう多くのプロバイダーに会いました。彼らは、確固たる境界を設定することは、共感  の反対と見なされることを心配しています。

それは私がそれを見る方法ではありません。回復を通して、プロバイダーが「私は最もよく知っている、そしてこれが私たちが物事を行う方法である」と主張するとき、それは深い聞き取りの一形態であり、私の本当の自分への敬意であるということを学びました。私自身のモチベーションが衰えたとき、他の人が私の回復を後退させないことを信じることができます。あなたが摂食障害を持っているならば、選択をあきらめる行為は、逆説的に、最も強力な形の代理店です。ミクロレベルの行動(何を食べるか、どのように運動するか)に関する決定をプロバイダーに委ねることで、私はゆっくりと摂食障害から権威を奪いました。はい、私は毎日の選択を制御できなくなりましたが、人生に同意するという選択を得ることができました。  

何が必要ですか?回復メッセージの要求

上で説明したことは、すべての人に役立つわけではありません。薄くて白いシスジェンダーの女性として、私は規則に従うように条件付けられており、そうすることで報われました。私は境界線に積極的に反応し、それを使って健康な自己の声を強める傾向があります。他のアイデンティティの人々、つまり、特権のシステムとそれを維持する規則の恩恵を受けていない身体の人々は、非常に異なった反応を示し、抵抗や不信を持って境界に反応する可能性があります。私も若くて体がいいので、できるだけ早く完全に回復することを決意しています。私は、何十年にもわたる闘争や同時発生の状況にうんざりしている他の人々に会いました。彼らは、プロバイダーに次のように言う必要があります。あなたが担当しています。」定義上、共感は個人ごとに異なります。個人的な反省—何が機能し、何が機能しないか、あなたのために—最も強力なツールです。 

それでは、回復期にあるあなたに、あなたが支えられていると感じた時を振り返ってみてください。たぶん、あなたは栄養士のオフィスを出て、やる気と励ましを感じ、その週に何をしなければならないかを突然明らかにしました。たぶん、あなたは友人と回復するのに苦労していることについて話し、正当性を認められ、聞いたと感じました。これらの出会いの中で、パターンや類似点に気付くことができますか?あなたは否定的または肯定的な強化に反応する人ですか?直接性、または優しさが必要ですか?断言、それとも厳しい愛?何が効果的かを特定したら、サポーターに次のように伝えることを検討してください。代わりにこれを試してみませんか?」 

私の友人が賢明に言っているように、回復においてあなたをサポートする人々との関係は、他の関係と同じです。彼らはフィードバックとコミュニケーションを必要とします。親友やパートナーがあなたの愛を伝える言語を直感的に推測することは期待できません。代わりに、あなたは彼らにあなたが必要としているものを伝え、そうすることはあなたの両方に利益をもたらすことを認識しています。それで、臨床医や友人や家族と一緒に。回復は誰にとっても混乱を招き、困難です。必要なものを尋ねて、もっと簡単にしてみませんか? 

始めるのに助けが必要な場合に備えて、これらは私が最も頻繁に切望しているメッセージです。回復が無駄で疲れ果てていると感じたときに私が十分に聞くことができないものです。  

私はそれが難しいことを知っています。 

あなたがしている仕事が見えます。

あなたの気持ちは正しいです。 

あなたは十分です。 

私はそれが良くなることを約束します、そして私はあなたが今それを見ることができないことを知っています。 

あなたが間違いを犯した場合、私はあなたを捕まえるためにここにいます。 

あなたは一人じゃない。 

あなたは希望や助けを超えることは決してありません。 

これらはほとんどの人が待ち望んでいるメッセージです。それらは、すべての人間の基本的な欲求であるつながりと価値を思い出させるものです。これらのメッセージを聞かずに長すぎると、私たちは誤った方法、つまり私たちのニーズを満たすことを巧妙に約束するが、私たちを空っぽにして裸のままにする行動に目を向けます。私にとって、誤った方法は摂食障害であり、解毒剤は真の交際であり、私がどこにいるのかを認めるだけでなく、私が行く場所を思い出させる交際です。私は、孤立した病気を私たち全員が共有するニーズを思い出させるものに変えることができる交際が必要です。