摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

institute of eating disorder  摂食障害研究における10の優先事項項目

オーストラリア institute of eating disorder 

摂食障害研究における10の優先事項項目がまとめられている

 

google翻訳によれば

 

Early Identification GPやその他の医療専門家は、どのようにして摂食障害とあらゆる種類の摂食障害のすべての段階の症状をより適切に特定し、日常業務の一部として適切に介入できるでしょうか。

 

治療結果
どのような既存の摂食障害サービス、治療、または治療要因が最良の長期的結果をもたらしますか?

 

個別化された医療多様なニーズ、

人生の段階、病気の期間、種類、診断を考慮するために、治療をより個別化するにはどうすればよいでしょうか。

 

家族をサポートする

回復の旅のすべての年齢と治療段階で、家族が愛する人を助けるために必要なサポートとスキルは何ですか?


アクセスの公平性

すべてのオーストラリア人が、住んでいる場所や何ができるかに関係なく、効果的な摂食障害の治療に公平にアクセスできるようにするにはどうすればよいでしょうか。 

 

予防
  親に特別な戦略はありますか因子は何ですか?それらは摂食障害の発症(または発症のリスク)にどのように影響しますか?

 

 

スティグマと健康増進
   摂食障害の発症に影響を与えたり、体重の不名誉を誘発したりすることなく、健康的な食事と体重に関する公衆衛生のメッセージをどのように伝えることができるでしょうか。

 

害を与えないでください

現在の治療のプラスとマイナスの影響は何ですか–どうすればマイナスの影響を減らし、プラスの影響を増やすことができますか

 

リスクと保護因子
  主なリスクと保護因子は何ですか?

 

早期介入
早期介入の障壁は何ですか?また、これらにどのように対処できますか?