摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

ホリデーシーズンに摂食障害の再発を防ぐために

ホリデーシーズンに摂食障害の再発を防ぐために

HOPEの記事より

www.eatingdisorderhope.com

 

・トリガーを知って対応スキルを持とう

ダイエット、体重、体型、または関連トピックについて会話する
あなたの考え、意見、または行動について否定的に判断される
特定の食べ物
特定の体型を美化するメディア画像を見る
経済的困難を経験している
多くの人の前で食べる
仕事や人間関係を失う
社会的圧力にさらされている
無視または疎外されたと感じる

など

 

・計画を立てよう

 

想定外のことを減らすために、できることをします。

とくに問題となるイベントがあれば回避策を講じたり、十分な休息の時間をとれるようにしまする

 

・期待についてマネージメントする

 

一年のうちで幸せを感じられる時期であるかのようなメディアにたくさん接することになり、自分がそのとおりでないと何か欠陥があるか努力が足りないかのように思えることがあります。

 

現実には友人や家族との集まりには喜びと失望の両方の可能性があることを私たちは知っています。問題がホリデーシーズン中に単に消えるわけではないことも認識しています。

なぜあなたは非現実的な期待を生み出したり、絶対的な最悪の事態に身を投じたりするために時間を無駄にするのでしょうか?

代わりに、前のセクションで説明した計画に取り組むときは、経験する可能性のある喜びと遭遇する可能性のある課題の両方について現実的に考えてください。適切に調整された期待を持ってイベントにアプローチすることは、失望から身を守ると同時に、前向きな結果の可能性に自分自身を開放するための優れたテクニックです。

 

・Noをいうことを恐れない

 

健全な境界を確立することは、不可欠な回復スキルです。

「いいえ」と言っても、あなたが評価されていない、または反社会的であるという意味ではありません。それは単にあなたが自分自身を尊重し、あなたの健康を維持するために必要な措置を講じることにコミットしていることを意味します。

あなたを本当に大切にしている人なら誰でも理解できるでしょう。

 

・助けを得る

 

場合によっては、パーソナルサポートネットワークのメンバーとの正直な会話が理想的な量の支援を提供することがあります。その他の場合、最善の行動は、サポートグループの会議に出席するか、セラピストまたはカウンセラーとの追加のセッションをスケジュールするか、または治療センターに入ることです。

特定の休日関連のイベントが回復を脅かす可能性があることを懸念している場合、助けを得るには、親しい友人や信頼できる家族と事前に話し合うことが必要になる場合があります。可能であれば、この人をあなたと一緒にイベントに招待することをお勧めします。または、少なくとも、イベント中に電話で話したり、テキストメッセージを交換したりできるようにします。

あなたがサポートグループのメンバーであるか、セラピストやカウンセラーの世話をしている場合、これらはイベントの準備とその後の経験の処理に役立つ優れた情報源にもなります。

最も重要なことは、あなたが一人ではないこと、そして助けを求めることは弱さや失敗の兆候ではないことを理解することです。あなたが苦労して適切なタイプの支援を受けていることに気づくことは、あなたが回復を真剣に受け止めており、健康を守るために必要なことは何でもすることにコミットしていることの証拠です。

休暇中やその他の時期には、積極的なセルフケアがあなた自身に与えることができる最高の贈り物かもしれません。