摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

痩せていることの特権を認識する  thin privilege

Butterfly Foundation(オーストラリア)の記事。

 

痩せている人が自分の身体に"shame"を感じるとしても、それは太った人のものと同じという意味ではない。痩せている人は、太っている人が受ける体重による抑圧を受けてはいない。2つの経験を同じように語ることは間違いである。

ここで言う特権とは、特別の利益を得ているということではなく、障害を感じなくて済むということに近い。

 

写真家であり脂肪解放活動家でもあるリンドリー・アシュライン氏は、痩せの特権とは「混雑した駐車場で車を降りることができること」「ビジネスの場で真剣に受け止められる可能性が高いこと」「公共の場で視線やコメントを気にせずに食事ができること」「自動的に資格があるとみなされる体で生活できること」だと言います。

 

 

butterfly.org.au

 

自分の身体を愛していなくても、好きでなくても、魅力的だと考えて無くても、痩せていることの特権は存在している。

太っていることによる抑圧を感じないで済んでいる。

 

社会が太っていることに恥を感じさせるように、遣せていることに栄誉を与えている。

実際痩せている人にその特権を認めさせるのは難しい。彼ら(私達)は、さして痩せていると思っていないし、特別な利益を得ているとも感じていない。しかし、その考えなくて済むことが特権である。

 

体重は変動するので、どちらも経験することがある。

痩せていることの特権に罪悪感を感じる必要はなく、ギフトとして受け取り、行動する。

その特権を無視することは、weight stigmaを結局は永続させることになる。