摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

YOU DON’T KNOW WHAT YOU DON’T KNOW  FEAST

www.feast-ed.org

FEASTの記事

15才の子どもが摂食障害(拒食症)になった親の経験。

まさか自分の子どもにそんなことが起こるわけがないと思うことが起こるということを共有しようとしている。

最初に医師に言われた厳しいことが、自分の子どもも例外でないと知るまでに長い時間がかかった。

 

摂食障害になると思考も病気に支配され、嘘をつき、袖に食べ物を隠し、捨て、トイレに流し、体重測定のときには服に電池を隠し、望むようにするためには何でもする。

 

子どもの月経が回復したとき、親はもう大丈夫と油断したが、子どもにとっては「太った」を意味しており、再発のきっかけとなった。

 

本来その子どもがどんなに正直で親切であるかは関係ない。体重が減るにつれて、その人らしさを失い、親に叫び、批難の言葉を浴びせた。

 

子供の脳、心臓、およびすべての主要な臓器に損傷を与える精神疾患である。それらは両親によって引き起こされたものではなく、治療するための唯一の薬は食物となる。あなたは彼らに脂肪、炭水化物、そしてたくさんのカロリーを与えなければならず、非常に困難なことを成し遂げなければならない。