摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

改訂増補セルフヘルプ・グループとサポート・グループ実施ガイド

 

 著者の高松里氏は、臨床心理士公認心理師

長年セルフヘルプグループの実践・研究をしている。

 

セルフヘルプまたはサポート(専門スタッフがはいる)グループの開始から閉鎖までの実践マニュアル。

ルール設定や立ち位置、責任の境界など。

 

実際のグループでよくあるドロドロしたトラブルなどにはあまり触れていない。

 

セルフヘルプグループやサポートグループの本質的機能として5つ挙げられ、その5つを通して最終的に目指されるのは「経験の言語化」「離断したライフストーリーを繋ぎ、そこから意味を見出すこと」と言っている。

 

病気や問題を抱えていったんは社会と「切り離される」経験をした人たちが集まり、自分の経験を語り続け、ストーリーを更新し、いつかそれを経験していない人にも伝わる話ができるようになり、ふたたび切り離されていた社会と和解する、あるいは世界を変える。