摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

ACTと摂食障害 

www.praxiscet.com

 

praxiscet.somは、心理臨床家のトレーニングを提供しているサイト(?)

 

ACT アクセプタンス&コミットメントセラピーと摂食障害について書かれた記事。

google翻訳使用

摂食障害は、苦痛を伴う思考、感情、および身体的感覚を回避する方法として発達する対処メカニズムであると広く考えられています。

 

認知的融合とは、個人が自分の考えを自分の考えと同一視して、自分が真実であると完全に信じるプロセスです

 

拡散とは、自己はその思考の内容ではないという視点をとることによって、自己破壊的信念を武装解除するプロセスです。代わりに、自己は思考によって訪問されるものとして見られます。

 

摂食障害に関連する思考とは別の自己感覚を強化することは、摂食障害に関連する思考や感情が自己概念に不可欠ではない文脈的自己を構築します。

 

今ここにあることへの気付きとは、現在に積極的でオープンな注意を向けている状態と、思考や感情を判断したり所有したりすることなく、離れた場所で注意深く観察する能力を指します。

(→摂食障害だと不快な体験にたいして起こる自己の中の自動的なプロセスや、何が摂食障害を維持促進しているかについて気づきにくくなる。present-moment awarenessはこのプロセスに注意を向ける。)

 

 

 明確な価値観がないと体型へのこだわりは優先順位が増し、ほかのことは優先順位がさがり無関心になる。

犠牲にされた中心的な価値観を認め、それらに再びコミットすることは、回復のすべての側面を促進するために必要な動機を提供することができます。

 

 

結論:ACTは機能します

摂食障害は、個人が自分の障害を自分のアイデンティティと密接に結び付けているため、長年にわたって治療が困難でした。ACTは、自分の価値観の人生を肯定する方向に固定された、より柔軟で包括的な自己感覚を促進するため、摂食障害の効果的な治療法です。この記事で説明されているように、6つのコアACTプロセスは、クライアントの摂食障害にACTを適用するための効果的なツールです。