摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Feast 男の子の摂食障害 2021/6/8

www.feast-ed.org

 

ピックアップ

摂食障害は「女の子の問題」というステレオタイプにより、摂食障害の男性は、女性よりもさらに多くの偏見に直面 医療提供者は、男性に摂食障害のスクリーニングに関する質問をする可能性が低く、適切な診断を下す可能性も低くなる。

 

摂食障害の男性は、多くの場合、非常に引き締まった筋肉質の体格を達成し維持することに夢中になる。(大量のタンパク質、プロテイン、サプリの摂取。過度な運動)

 

成長過程の子どもにとっての飢餓の危険: 徐脈、低血圧、低体温、低テストステロン、低ビタミン D、および骨減少症

 

タンパク質過剰摂取の問題:消化の問題、肝臓や腎臓に損傷

 

アナボリックステロイド摂取(男性の摂食障害者によくある):心血管疾患、極度の攻撃性、 躁状態、肝障害、成長阻害、および精巣癌

 

ゲイ・バイセクシュアルの男性はより摂食障害のリスクが高い(精神的・身体的に影響のある抑圧や差別。特定の身体形の理想を求めること)

高レベルのエストロゲンにさらされると摂食障害の危険が高く、同性愛者と識別される可能性とリンクしている。

 

女の子よりは元の生活に戻るのが容易なことが多い。(社会の理想とする体型が女の子に対するほど厳しくない。)