摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

HAES Health at Every Size 

摂食障害治療の栄養カウンセリング」より HAES (Health at Every Size) についてP323

The Association for Size Diversity and Health の医療専門家によって定義された概念

「個人の体型・体のサイズを尊重しながら、健康状態・QOLを改善する」

 

HAESの本質

1 体重の多様性

2 健康へのアクセスの強化

3 敬意をもったケア

4 食べる幸せを感じる

5 人生をより楽しいものにするために動く

 

HAESに関するよくある誤解

  1. どんな体重でも健康である
  2. HAESは「体重の変化が個人の健康状態に影響を与えない」といっている
  3. HAESは肥満を促進する

 

摂食障害治療者・HAES治療提供者と名乗るときに許されないこと

  1. ダイエット、減量、制限的な食パターンを実践・推奨・促進する
  2. 食べ物を「良い・悪い」と分けて、特定のものを禁止する
  3.  患者が高体重であるからと、個人の症状(関節の痛み、胃腸の症状、食や体重増加への恐怖心など)の「治療」として減量を処方する