摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

HOPE記事 年配の女性と摂食障害

www.eatingdisorderhope.com

 

年配の女性が実年齢より自分を若く感じ、内面にそぐわない身体の閉じ込められていると感じる時、摂食障害や身体醜形障害を発症するリスクがあります。

 

精神科医のアン・E・ベッカーは、中高年の人が自分より若く見えるべきだと信じているときに直面する課題について述べています。「それは、肥満に関する健康上の懸念と相まって、人々が自分の体について気分が悪くなる可能性があり、ひいては、幸福を損なう食事戦略をもたらす可能性があります」

年をとっても人生の課題に直面しつづけますが、その中にパートナー、友人、または家族の喪失が含まれる場合があります。喪に服すると、食欲が落ちて食べられなかったり、ネガティブな感情に対処するために暴食することもあります。うつ病は高齢者が抱えるメンタルヘルスの中で多いものの一つですが、食欲不振を起こすことがあり、これが続くと食思不振、過食などの摂食障害の症状を引き起こすことがあります。

 

年をとり、摂食障害の発症を高める身体的な疾患にもかかりやすくなります。

病状の症状を防ぐために食事を制限したり、特定の食品が心臓発作や脳卒中を引き起こすことを恐れたりすることがあります。また歯が弱くなったり失っていたり、食事を苦痛にする他の歯の問題を抱えていることもあります。これは食事制限、回避により急激な体重減少や栄養不足を起こす可能性があります。

 

そのほか、食欲や気分に影響を与える薬を飲んでいることも多くなります。

中高年も適切な医療を受けられるよう、症状を知ることが大切です。

 

摂食障害は年齢に関わらず影響を受けるものだということを知ることで、自分の症状について話し、支援を受けることにつながります。