摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

ジレットニュース記事 (ワイオミング州)メモ

www.gillettenewsrecord.com

 

摂食障害はあらゆる年齢・人種の誰にでも影響を与える可能性のある深刻な精神疾患です。水面下で拡大し、パンデミックで急速に増加しました。

 

カリフォルニアのロマリンダ大学行動健康学部の医療ディレクターである精神科医のメリッサ・ペロー博士によれば、多くの場合、家族でさえ、医学的な問題が発生するまで、愛する人摂食障害に苦しんでいることを知りません。教育を通じた認識が必要だと思いますが、治療の選択肢についてのより良い教育も必要です。

 

ミシガン州立大学のクランプラボの臨床科学研究者Megan Mikhail 氏によれば、女性の10%が障害で臨床的に重大な摂食障害を経験し、さらに多くの人が診断には至らない身体イメージや食の問題に苦しんでいます。

 

摂食障害の形は人により大きく異なります。食事の摂取の制限、過度の運動、過食症など他にもあります。若い時に発症することが多いですが、すべての年齢・体型の人に影響を及ぼします。

 

摂食障害は複雑で生物学的な病気であり、ライフスタイルの選択ではありません。

 

摂食障害に苦しんでいるかもしれない人は、ソーシャルメディアで見ているもののリストを作成してみる必要があります。これは身体イメージや自尊心に有害な影響を与えているものを確認することです。

 

体型をけなすカルチャーを促進するアプリは休止か削除を検討してくださいる

 

パンデミック中に体重が増加することが強調されたり、この機会を利用して体重や体型を変えようとする人がいたり、ソーシャルメディアでの比較がしやすい環境もあります。これは摂食障害の可能性のある人にとっては罠となります。これらの画像は加工されたものではなくリアルだと思いこんでしまいがちです。

 

治療を求めるのに、早すぎたり遅すぎたりすることは決してありません。回復は可能ですが、自分だけで回復するのは難しいです。

 

リフレクション(どのような意味かは不明)を使用して、私の強い腕は子供を抱えることができる などの機能的な側面を念頭に、自分の身体について好きな点のリストをつくります。

 

また身体とはまったく関係のない、自分を誇りに思うことについてのリストを作ります。

 

付箋紙に、身体についての肯定的な事柄を書き、身体をチェックする可能性が高い場所に置きます。」