摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

摂食障害 身体にすり替えられたこころの痛み(思春期のこころと身体Q&A)

 

 

 

 

ミネルヴァ書房紹介ページ

 

全編Q&A形式。主に思春期対象の内容のため、拒食症について重点がおかれている。

家族・周囲の人の疑問に答え、どのような対応をすればよいかについて適応しやすい内容。

 

Refeeding 症候群の主な合併症

・乳酸アシドーシス

・肝機能障害

・低アルブミン血症

・貧血

・横紋筋融解症

 

定常体重療法というものを実践・紹介している。

拒食状態に対しての入院治療。痩せた体重が維持できるレベルの点滴(1200-1400kcal)のみとし、食事は配膳しない。それにより食べる・食べないの問題を回避。本題のこころの痛みを扱い、成長・変化を目的とする。

 

入院中は一日中安静など指示は厳格にされ、再栄養の合併で身体的な苦痛を伴うこともある。患者の意志に反して体重を増やされることはないが、本人の思い通りや楽というわけではない。そもそも命の危険が差し迫った状態に対し、やむを得ず行うことから生まれた治療とのこと。

 

断言の多さと、筆者の好みが反映されたコラムに違和感。