摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Binge-Eating Not a Stress Response

www.jneurosci.org

 

摂食障害患者について、ストレスと食事量の実験をした研究。

神経性食欲不振症と過食症のそれぞれに、ストレス下での作業をしてもらい、その後ビュッフェでの食事量を調査。MRIで脳を測定。

 

これまでの理論での予測ほどストレスはパフォーマンスや食事量に関係がなく、ストレスと過食の関係はもっと複雑である。

また、神経性食欲不振症と過食症では反応に違い。