摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Intuitive eating 直感的な食事  The Guardian

 The Guardian の記事

Intuitive Eating(直感的な食事)は二人の栄養士(Evelyn Tribole、  Elyse Resch)により開発された考え方

www.theguardian.pe.ca

 

簡単にいうと「あなたの体を信頼し、空腹のときに食事をし、満腹のときにそれを理解する」

人々に彼らが何を食べたいのか、そして何が彼らに栄養を与えるのかを理解するように求め、良い食べもの・悪い食べ物という考え方をしない」

直感的な食事の目標は、食べ物が恥の原因にならないように考え方を発達させること

 

「良い食べ物・悪い食べ物という考え方は自分の中から生まれたものではない。私たちは両親から学び、友人から学び、メディアから学びます。ある食べ物は良いものもあれば悪いものもあり、ひいてはそれらを食べることで良いか悪いかを学びます。」

 

「食べ物が良いか悪いかという考え方は、多くの流行りの食事療法の核となっている」

 

「多くのダイエット法には何らかの形の制限があり、なんらかの(厳格な)規則に従うことを要求され、空腹の手がかりを無視することがよくあります。」

 

「ダイエットをしたり、それらの計画の1つに従うことの意図は、多くの場合、ある種、自分自身について何かを変えようとすることです」と彼女は言いました。

「本質的に、そこにはすでに何かがあり、自分自身と自分のあり方に何か問題があり、変化する必要があるように感じさせます。」

 

「身体的に例外の人はいるが、多くの健康な人にとって直感的な食事をすることのほうが適切です」

 

「子どもたちの前で、自分の身体を悪く言ったり特定の食べ物の良い悪いを話したりすることを防ぎたい」

 

「情報をどこから入手するか注意すること」

Evelyn Tribole、  Elyse ReschによるIntuitive eating のHP

www.intuitiveeating.org