摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

摂食障害とTiktok特有の問題 The Guam Daily Post

TikTok摂食障害
www.postguam.com

TikTok is ‘like a trap' for teens with eating disorders | Lifestyle | postguam.com

 

パンデミックにより、TikTokでは食事量や運動習慣の投稿が増加。

多くの若者がソーシャルメディアに費やす時間が増え、摂食障害の発症や維持につながるコンテンツに接する時間が増える。

 

自分の身体に関して、「これが問題だ」とネガティブなセルフトークをするようになった女性の体験。

TikTokは拒食症を誘発するようなコンテンツは許可していないが、健康的な食生活・運動などのポジティブなコンテンツにも弊害がある。

 

(google翻訳)「誰かが回復と彼らがどれほど素晴らしいことをしているのかについて話すことができますが、実際には彼らはきれいに、有機的にしか食べないか、食事の摂取量に多くの硬直性があるために100%回復していません。」

 

TikTokアルゴリズムにより、フォローしていないコンテンツも多数見ることになる。

一つの動画をクリックすると、さらに関連動画が出てくる。

「突然このコンテンツに夢中になる。罠のようだ」

 

10代へのソーシャルメディアリテラシーの必要性。

批判的な思考を使うこと、コンテンツがどんなネガティブな感情を引き起こしているかチェックすること。

 

ダイエットや運動のコンテンツがあふれていると、平均的な人がどんなであるかについての認知が歪む。自分の身体についての確信がもてないと、それがさらに強化される。

 

TikTokがsnapchatやInstagramとどのように違うのかの理解は重要。

 

特定の種類のTiktokコンテンツを見ると自分にネガティブな感情を抱く場合、自分の感情に耳を傾け、何が好きでないか、フォローしないかを考えること。