摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

The Sun コロナ禍の子供の摂食障害

www.thesun.co.uk

イギリスの記事。コロナ禍で12-20歳の若い女性は摂食障害のリスクが高まる。

学校が閉鎖され、試験がキャンセルされることの将来への影響の意味。

友人関係からの孤立、楽しむことから遠ざかること

ソーシャルメディアにおける「完璧な」体の画像は、生きる・食べる・服を着る、運動する、見るを兼ね備えた魅力的なコンテンツとなっている。

 

困難な感情をコントロールしたり、ときに達成感を感じられたり安心したりする摂食障害という病気が彼らに快適さを与える。

摂食障害は、孤独を感じ、より安全で確実な気分を導く方法を探しているときに近づく。そして外見をコントロールすることは人生が劇的に変わることを知っており、他に頼るものがなければターゲットとなり目的意識を生む。

 

子供のためになる方法

1 子供の気持ちに常に耳を傾ける。なにか言うときは落ち着いて準備し、「i(アイ)メッセージで(私はあなたが幸せでないようなので心配しています など)」

 

2 食べ物、体重について話すことを避ける。体型についてコメントしない

 

3 たとえあなたがそうでなくても、食事の時間には物事を気楽で前向きに保つようにする。

子供が食事をコントロールするために料理にかかわろうとしすぎる場合、テーブルのセットや洗い物をしてもらうように頼む。

 

食後にテレビを見たりゲームをしたりする家族の活動は、嘔吐や過度な運動への欲求をそらすのに役立ちます。