摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

摂食障害の記事を書くときのアドバイス

ijnet.org

 

IJNetはジャーナリスト向けのサイトのようです。

ジャーナリストが摂食障害についての記事を書くときのアドバイス

・自分自身が学ぶ、正確な用語を使用する

(MSDより)

神経性やせ症
回避・制限性食物摂取症
過食性障害
神経性過食症
異食症
反芻症 など

使用を避けるべき言葉"binge" "ブライドオレキシア(結婚式の前に不適切な方法で減量する)"  "Drunkorexia(カロリーを制限してアルコールを摂取)"

 

・詳細に書きすぎない、特定の体重を書かない

食べた量、または運動習慣についての言及は、摂食障害のある人々に深刻な結果をもたらす可能性。摂食障害患者の競争心の問題や、病気の基準内でないと助けを求めることを躊躇させる

 

・思いやりと共感。

インタビューには思いやりと共感が必要。症状だけでなく、その人について質問する。

数値と統計は疾患の理解に重要だが、より個人的な物語に焦点を当てるよう提案している。本人や家族がどのような影響を受けているかを語る。

あまりすすめてはいないが、掲載前にドラフトを対象者に見せる。(完璧主義、コントロールと不安の問題によ。)

・写真編集

低体重の写真や体重計の数字を求めるのは問題。特に神経性食欲不振症は競争心が激しい。トリガーとなるような写真やセンセーショナルな写真は載せない。

 

・サポートを受けられるところを常に表示する