摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

FEAST記事 重く長期の摂食障害 とくにAN メモ

www.feast-ed.org

アンシア・ファースランド博士 

google翻訳使用 メモ

摂食障害(ED)は、衰弱させる病気であり、人々の人生を奪い、家族や愛する人に影響を及ぼします。
慢性EDを患う可能性が高いのは、その人が十分に早期に診断または治療されなかった場合、または適切に治療されなかった場合です。
何年にもわたって飢えた脳と複雑な精神障害の両方を抱えた後、認知が非常に定着している人々に希望を失い、あきらめるのは簡単すぎます。それらの世話とそれらの治療には忍耐が必要です
慢性EDのほとんどの人は、期間限定のエビデンスに基づく治療だけでは回復しない可能性が高く、創造的で対応力が必要です。

 

severe and enduring anorexia nervosa→SEAN

長期の摂食障害患者は、一見変化しないようにみえる。慢性的な栄養失調は脳の神経進行と神経可塑性の低下につながり、新しい学習と認知の変化をより困難にすることもわかっています(Kan&Treasure、2019)

治療に創造性が必要

身体と心理面の両方に焦点をあてることが、患者の目的と準備ができていないリスクを冒すことがある。

 

EANからの回復 4つのフェーズ:a)変わることができない/変わる準備ができていない。b)モチベーションが高まり変化する転換点を体験する。c)回復の積極的な追求。d)リフレクションとリハビリテーション(Dawson、Rhodes&Touyz、2014)

 

10代発症の追跡調査 18年後88%が完全に回復していたが、多くが精神的な問題をもっていた(ウェンツ)

SEANの有無にかかわらず、入院CBT-Eの成績に有意差なし

「大多数は時間の経過とともにANとBNから回復します。しかし、20年間の病気は、かなり意味のある 命の喪失を 表しており、私たちの調査結果は、病気の期間を短縮するための介入を開発することの重要性を強調しています。長期の病気の後でも回復は可能であるという私たちの発見は、ほとんどの患者の緩和ケアではなく積極的な治療を主張しています。」 (Eddy et al。、2017)

摂食障害歴の最も短い人と最も長い人たちは、治療継続率が高い

 

病気の期間や重症度に関係なく、治療アプローチは同じである必要があります。エビデンスに基づく治療の重要な要素を削除するべきではありません(renourishment  nourish=栄養を与える? セルフ・モニタリングなど)

「これらの発見は、ANの影響を受けた個人に希望を与え、病気の期間や重症度に関係なく、CBT-Eなどのエビデンスに裏付けられた治療を実施することを臨床医にタイムリーに思い出させます。」(Raykos et al。、2018)