摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

12/22 記事メモ

小児と青年の摂食障害

複数のサイトでこの論文による記事を作成している

 

pediatrics.aappublications.org

男性では嘔吐、筋肉増強サプリメントの使用、薬物乱用、および併存するうつ病が一般的

性的マイノリティにおける摂食障害の増加

食事管理を必要とする慢性的な健康状態(例えば、糖尿病、嚢胞性線維症、炎症性腸疾患、およびセリアック病)もリスク高

「オルソレキシア」は、食物の量ではなく、食物の質(例えば、特定の栄養成分または生産のされかた)への懸念に基づいて、食をますます制限するようになる行動。

さまざまな食品が食事から排除されるにつれて、体重減少および/または栄養失調が生じる可能性。オルソレキシアのある人は、食事の計画に過度の時間を費やし、食事関連の習慣が中断されると、極度の罪悪感や欲求不満を経験。この行動はANおよび強迫性障害に関連しているようであり、一部の人は制限的な摂食障害のサブセットであると考えています。ベジタリアンとの関連。

 

スクリーニング

小児科医の役割

食べ物は回復のための薬であるというメッセージを伝えること

各器官への影響

避けてきた食品を再び導入することへの怖れを乗り越えること

 

筆頭著者 ローリーホーンバーガー博士