摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

12/19 記事メモ

soar

「あなたも弱さを見せてほしい」依存症の人の言葉が、自身の摂食障害から回復するきっかけに。多くの依存症当事者に関わるソーシャルワーカー・斉藤章佳さん | soar(ソア)

 

HPM コロナ禍・休日と摂食障害

www.houstonpublicmedia.org

「食べ物について話すこと、体重について話すこと、運動などについて話すことに焦点を当てることをやめ、私たちが本当に大切にしていることをつなぐことに本当に焦点を合わせる」

 

「思いきり食べるときのために普段はカロリーを控えるというのをやめて、定期的に必要な食事をとる」

 

 

摂食障害への圧力になるもの

www.dailymail.co.uk

 

ソーシャルメディアの加工された画像にさらされること、次々とダイエット法が出てくること、

もう1つの重要な考慮事項は、心理的困難を管理する方法において食品が果たす役割です。多くの摂食障害を支えているのは、コントロールする必要があるということです。それは必ずしもボディイメージについてではありません。私たちが制御できる最も基本的なことの1つは、私たちが口に入れるものです。

食べられるものと食べられないものに関するルールを作成することで、人々は自分たちの生活のどこかでしばしば欠けているコントロールの感覚を得ることができます。人類学者のメアリー・ダグラスは、私たちが食べるものは私たちが人間であるかを定義するだけでなく、そうでなければ混沌としたランダムな世界を支配しているように感じるのに役立つと主張しました。

彼女は、食べ物を私たちが消費できるものとできないものに分類することによって、私たちの生活に秩序を与える意味と境界を作り出すと主張しました。伝統的にこれは人々が食べることができるものとできないものを支配する宗教を通して行われていましたが、私たちのますます世俗的な生活の中で焦点は制限された食事の流行に移りました。(google翻訳一部使用)