摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

イギリス ハフポスト記事 男性と摂食障害 メモ

www.huffingtonpost.co.uk

(google翻訳など使用 抜粋)

NHS(National Health Service イギリスの保険サービス)の調査では、過去6年に男性の摂食障害入院患者が70%増加。

男性が特に摂食障害によってどのように影響を受けるかに焦点を絞ることは、社会集団としての男性の摂食障害の理解、特定、および治療を改善するための重要なステップです。それはまた、個人のすべてのアイデンティティの側面(性別を含むがそれに限定されない)が摂食障害の体験を形作るかの理解をもたらします。

摂食障害は性別に関係なく影響をもたらしますが、実際に診断されているのは女性が多いため、男性患者の過小評価、治療への支援を求めることへの遅れにつながっています。(男らしさの社会規範と助けを求めることの研究)

 

体力、合理性、自立心、感情の抑制を強調する男性的なイデオロギーは、摂食障害の人たちによく見られる(しかし間違っている)女性化された特徴、例えば表面的なもの、虚栄心、身体的な弱さ、感情的なものとは矛盾しています。これらのステレオタイプは、男性と女性の両方に否定的な影響を与え、身体的な理想と固定観念に関する男性女性の社会規範を維持する権力と特権システムに陥っています。

調査では、男性的な規範に合わせようとして筋肉指向の摂食障害が予測されています。

ゲイの男性の場合、痩せと筋肉指向の両方の摂食障害の型が多くあります。

LGBTQコミュニティの摂食障害は、抑圧というより広い文化的文脈の中で理解される必要があります。性別または性的マイノリティグループに属することは摂食障害の危険因子ですが、摂食障害の原因ではありません。代わりに、同性愛嫌悪、トランスフォビア、いじめ、嫌がらせ、暴力などのこれらのグループに固有の経験、およびクィアコミュニティに固有の身体理想が摂食障害の発症に寄与する可能性があります。さらに、セクシュアリティと性同一性に関連する問題に対処する、ジェンダーに適した文化的に有能な治療法の欠如は、回復への重大な障壁をもたらす可能性があります。たとえば、多くの医療専門家は、「規範的な発達の軌跡」の再結合を伴う摂食障害の回復のバージョンを支持しています。これは、「回復」を示す身体、欲求、および生き方についての異性愛規範の仮定を含み、不注意にクィアネスを病理化する可能性があります。 。医学界は、すべての性的指向の男性と性別の異なる人々の摂食障害を特定するだけでなく、多様な形態の回復を確認し、人々が自分のアイデンティティと価値観と一致する方法で回復するのを支援することが重要です。

 

アスリートの摂食障害のリスク

体重の増加、減少、体脂肪率などがパフォーマンスに有利と考えられている

審美的スポーツ、サイクリングや長距離走などの持久力が必要なスポーツ、ボートなど重量基準のあるもの、

 

muscle dysmorphia(筋肉性に関連する身体イメージの障害として現れ、主に男性のボディービルダーに影響を与える) が摂食障害かどうかは議論の途中。もともと神経性食欲不振症の逆のものとして「逆食欲不振症」と呼ばれていました。食事と運動行動に関連する強迫性障害が共有されている。どちらの場合も、激しい身体の不満や異形症によって動機付けられた食事療法や運動療法への強迫的な遵守は、職業的および社会的機能などの生活の重要な領域に重大な心理的苦痛および障害を引き起こします。

超筋肉質で痩せた男性の体格のメディア表現

 

Scott GriffithsはTEDxの講演で「摂食障害のターゲットは常に変化している。社会がどのような身体に価値を与えているかに依拠する」と述べている。

 

 

男性の摂食障害の増加を調査するには、性別が人々の生活し、具体化された経験にどのように影響するかについての繊細な調査が必要です。性差別、人種差別、体重のスティグマ、外見の差別、障害者差別など、さまざまな形態の身体に基づく抑圧が互いにどのように交差するか、そしてこれらの信念を広める上で社会的、文化的、政治的、技術的な力が果たす役割を理解する必要があります。私たちは、人々が自分の体の中で安心して暮らすために必要なシステムレベルの変化をもたらす必要があります。