摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

FREED  First Episode Rapid Early Intervention for Eating Disorders

摂食障害(神経性食欲不振症、神経性過食症過食症、その他の摂食障害)の早期介入

発症から3年以内、主に16才から25才までを対象としている。

 

 

FREEDサービスは、サウスロンドンおよびモーズリーNHSファウンデーショントラストの摂食障害ユニットとキングスカレッジロンドンによって開発およびテストされました。最初の試験は2014年から2015年にかけて行われました。通常の治療と比較して、FREEDは摂食障害が治療されないままにされる時間を減らし、治療結果を改善しました。

 

主なメリットは次のとおりです。

  • 紹介から評価までの待ち時間を32%短縮
  • 評価から治療までの待ち時間を41%短縮
  • 日帰りまたは入院治療の必要性を35%削減
  • 神経性食欲不振症のFREED患者の59%が12か月までに健康的な体重範囲に達しました(通常の治療患者の17%に対して)
  • FREED患者の70%は、12か月までに摂食障害の症状スコアが臨床的カットポイントを下回りました。

 

FREEDを導入しても、FREED以外の患者は治療をより長く待つことにはなりませんでした。

イギリスでFREEDをやっている機関

freedfromed.co.uk

一般向けガイドのページ

オーストラリアではEmergED