摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

恥と闘い、対処する hope記事

www.eatingdisorderhope.com

 

google翻訳使用

 

恥により、回避・自己罰的 また自分を損なう行動をとることがある。

恥は心理だけでなく身体的反応でもある。(胸が締まり、顔が紅潮し、消えたいという欲求など)

 

恥は、わたしたちは十分ではないという気持ちにさせ、怖れを駆り立てる。

社会、ことにダイエット文化は我々に恥を感じさせることから成り立っている。

 

恥は圧倒的な感情であり、対処は困難なことである。恥が自分の中に組み込まれていると感じるかもしれない。しかし、恥ずかしいと感じずに生活することは可能。

 

誰もあなたの同意なしに劣等感を感じさせることはできない。(エレノア・ルーズベルト)これは恥をかかされることに同意するという意味ではなく、あなたの感じた恥を内面化するか、拒絶する力があるということを意味する。社会が我々に恥をかかせようとすることはコントロールできないが、それに対応する方法は制御できる。

 

Shattering Shame

恥を感じたら、少し時間をとってマインドフルネスやグラウンディングテクニックを使う。恥にすぐ反応せず、対処する時間をとる。必要なことをして恥に立ち向かい、対処することにする。書く、ウォーキングなども なぜ恥を感じるのか理解するし前進するのに役立つかもしれない。

愛する人に手を差し伸べる。「恥は孤立と関連しており、孤立は恥を育てる」

恥の感情を明らかにし、信頼できる人と一緒に探求する。

 

Strengthening Self-Compassion

 

恥ずかしさに対する大きな武器は、セルフコンパッション、つまり「親友を扱うのと同じように、思いやりと共感を持って自分を扱うこと」です。否定的な自己観や感情的な状態と戦うことにおいて、セルフコンパッションは十分に根拠があります。

自分への思いやりがある人は、「幸福、心の知能指数、楽観主義、知恵、好奇心、個人的なイニシアチブ」を経験し、「反芻、完璧主義、失敗への恐れ」を経験しません。

これらの感情の多くは恥と関係があります。恥は前向きな感情や特徴を減らし、役に立たないものを増やす可能性があるからです。セルフコンパッションのルーツの一つは自分への優しさであり、同時に自分に優しくしながら自分を恥じることはできません。

個人は、自己優しさと自己思いやりを実践することにより、「厳しく判断するのではなく、親切で、優しく、自分に対して理解する」ことに取り組んでいます。

自分自身に対する思いやりを強め、自己隔離と恥の内面化と戦うことは、自分の道に関係なく、個人が恥を受け入れることを拒否するのに役立ちます。