摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

ジョディ・キッドとパートナー Daily mail online

Jodie Kidd: 'I thought my boyfriend was a gym fanatic - in fact he's got an eating disorder' | Daily Mail Online

 

ジョディ・キッド  イギリスのモデル

 

本人の拒食症の経験と、男性の摂食障害について

(Google翻訳)

パートナーのジョセフ 「自分をフィットネスに夢中な健康な男性と考えている」

           ファスティング(断食)

           炭水化物を拒否

           「汗をかき、目の充血し、吐きそうになるまで」運動する

          

           17歳でイギリス海兵隊に加わったときに良い形になるようにプレッシャーを感じた

 

 

激しい身体活動によって消費された食物を一掃しなければならないと感じていることを意味する摂食障害の形をした男性の数が増えている

 

男性では症状が著しく異なるため、診断されない可能性が高くなります。女性で認識される明確な食欲不振や過食症とはかけ離れています。

 

摂食障害の診断基準を劇的に変える必要があります」と、ロンドンのキングスカレッジの摂食障害研究者であるクリストファーヒューベル博士は言います。「男性が運動で粛清したり、ストレスに対処するために暴食したりするのはよくあることですが、周りの友人からは正常と見なされているため、診断されません。

「男性は女性の体脂肪の半分で機能することができるので、体重が減るとホルモンや認知システムに影響を与えるのに時間がかかり、身体的な症状を引き起こします。そのため、それはあまり明白ではありません。」

 

男児では、過度の運動を伴う摂食障害が増加

 

有名人、ソーシャルメディアのフィットネスインフルエンサーリアリティ番組で人気のあるアスリートの体格を持つことへの圧力の高まり、特に若い男性が影響を受ける

 

 

ある男性「摂食障害の人は吐く、何も食べない、食べ過ぎるもので、自分は該当しないと思っていた。しかし自分は15年間カロリーにこだわり、時間を費やし 、それが普通だと思っていたし、何百万の男性が何も言わずに苦しんでいる。それは不健康なことで周囲にも悪影響がある。そのことを率直に語るべき。」