摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

摂食障害を持つ個人のためのピアメンタリング:パイロットプログラムの質的評価

rdcu.be

 

オーストラリアで6ヶ月のピアメンタリングプログラムが開発され、試験運用された。

メンター12名、メンティー14名

「メンティーの大多数は、彼らのメンターを、摂食障害の彼らの過去の経験のために独特に支持的であると説明しました。メンターは、自分や他の人とのつながりが増すなどの利点を経験していると報告し、この経験が、摂食障害の過去の経験を積極的に再構築するのに役立つことを示しました。プログラムの完了時に関係を終了することは、両方のグループにとって重要な課題であり、境界を管理することは、メンターによる主要な課題と見なされていました。」(google翻訳)

 

メンティー体験のテーマとサブテーマ 

DeepL翻訳

 

利益・参加

希望・インスピレーション

動機・きっかけ

再び他者・世界とつながる

利害関係

 

 

関係性
- 互恵性
- 類似点と相違点
役割と境界線
関係の終了

 

賢明で受容的なガイドとしてのメンター
メンター自身のED体験談
- 受け入れと励まし
- 不完全さを見せることを厭わない
知識の伝承

 

メンタリングは治療とは違う
- 同等の力の動的な
リラックスしている、圧迫感がない
普段の生活に溶け込む
- メンターの生きた経験はインパクトがあった

 

メンターの体験とテーマ

 

自己と他者とのつながり
. コミュニティの感覚
- 共通の理解。のユニークな側面
メンタリング
自分を知ることができた
自分にも他人にも正直であること
- オーバーフロー効果~外での生活がもたらすポジティブな効果

 

役割の明確化と境界管理が不可欠
- 私はあなたにとって誰なのか?メンタリングの役割を定義する
- どのくらいシェアすればいいの?ディスクロージャーの難しさ
- 境界線の管理
別れの前に。エンディングは最悪

 

互恵的な利益を得ることが可能
- 参加してお返しをする
- 人の繁栄を助けることの満足感
- 良いバイブレーション。インスピレーション。
エンパワーメント報酬

 

メンター自身のリカバリーの探求
- ネガティブからポジティブへ 摂食障害のリフレーミング
- 成長と繁栄。自分自身の改善
復旧
- 摂食障害と向き合う 古い壁を壊す
- 自分の回復への自信
- 反省と処理の時間

サポートは、自己不信に直面して不可欠である
- 本当にできるの?
-本当にできるんですか?
- 私は十分なのか?私の経験は十分ですか?
- 手放すことを学ぶ
- 扉を開く-アップスキル
- 責任の重さ