摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

FEAST TO PARENTS OF KIDS WITH EATING DISORDERS

To Parents of Kids with Eating Disorders (especially those who don’t fit the stereotype): - FEAST

 

摂食障害は若い白人女性がなるものというステレオタイプの問題

(どんな人も摂食障害になる可能性があります)

摂食障害を社会正義の問題として捉える

(白人至上主義、ある文化が他の文化より価値があるとされる社会)

・脂肪への恐怖(fatphobia)

(体が大きいことは摂食障害の解決すべき問題ではありません。太ることを恐れないこと、低すぎる体重を目標とすることをやめなければなりません。治療に携わる者もダイエットをやめ、内在するfatphobiaに対抗する必要があります。子供にダイエットを推奨してはいけません。子供の身体についてコメントしたり、変える必要があると示唆することはやめる必要があります。)

摂食障害におけるトラウマの役割を認識する必要があります。

(摂食障害を持つすべての人がトラウマの病歴を持っていることを示唆しているわけではありませんが、トラウマの病歴を評価し、トラウマの病歴があるかどうかにかかわらず、トラウマに基づいたケアを提供していることを確認する必要があることを示唆しています。この文化において疎外されたアイデンティティを持つことはトラウマであることを認識し、それをそのように名付ける必要があります。脂肪恐怖症の治療はトラウマであることを覚えておく必要があります。誰かが私たちに何かトラウマだったと言ったら、それはそうだったことを覚えておく必要があります。)