摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Disordered Eating

Disordered Eating

(日本語訳:不規則な食事、乱れた食事 など)

 

摂食障害の診断基準は満たさないが、問題(懸念)のある摂食行動

 

  • 頻繁なダイエット、特定の食品に関連する不安感、または食事を抜く
  • 慢性的な体重変動
  • 食事と運動を取り巻く厳格な儀式とルーチン
  • 食べることに関連する罪悪感と恥の感情
  • 生活の質に悪影響を与える食べ物、体重、体のイメージへのこだわり
  • 強迫的な食習慣を含む、食品の周りのコントロールの喪失感
  • 運動、食事制限、断食、または嘔吐を使用して、悪い食品をとったことの埋め合わせをする

Disordered Eatingをする人の多くは、その心身への影響を理解していないことが多い。その理解不足は摂食障害など悪影響をもたらす。(肥満と摂食障害、骨量減少、胃腸障害、電解質と体液の不均衡、低心拍数と血圧、不安の増加、うつ病、社会的孤立など)

 

Disorderd Eating は深刻な問題だが、摂食障害の典型的な全ての症状を持っているわけではなく発見も難しい。ただし本人はストレスを抱え苦しんでいる可能性が高い。

 

www.eatright.org