摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

摂食障害とパンデミックの影響

www.hippocraticpost.com

 

イギリスNorthumbria大学の研究によれば、コロナ禍のパンデミックにより9割の摂食障害患者に悪影響がでている。

日常生活の混乱によりコントロール感の低下、社会的孤立感の増大、乱れた食事についての反すうの増大、社会的サポート感の低下

 

変化の内容: 定期的なルーチン、生活状況、友人や家族と過ごした時間、治療へのアクセス、身体活動への従事、食べ物との関係、テクノロジーの使用

重要な課題の一つは、治療資源の減少(医療サービスの減少、早期退院、治療の待機、治療の一時中止など)

→不便、負担、疎外感

一部の人には致命的

 

ソーシャルメディァで食事・運動・体重などを重視する発信を目にすることの影響

 

食事と運動についての肯定的なメッセージは大多数の人口にとって有益であり得る一方で、これらが脆弱な集団にとっても誘発または動揺を引きおこすことを認識することは医療と政府にとって重要

 

パンデミックの影響は今後も長期的に現れる可能性がある。