摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Orthorexiaの兆候 YourTango

www.yourtango.com

YourTango はアメリカの女性向けサイトで愛や人間関係などの話題を扱うようです。

 

オルソレキシアの始まり

何を食べるか気にしすぎたり自然食品にこだわったりすることから始まりますが、すぐに執着になり食べること全体を制限するようになる。

 

強迫傾向、摂食障害の経験は高いリスクになる。

不安、コントロール志向、完璧主義、アスリート、ヘルスケア業界にいる、ミュージシャンなども。

 

兆候

(以下google翻訳使用)

1.健康的な食事にこだわる。

 

次に何を食べて何を食べてはいけないかしょっちゅう考える。最初の目的は健康的な食事をすることだけだが、時間が経つにつれ特定の成分や健康的な食事の傾向に取り付かれる可能性がある。

(農薬・添加物など)

 

2.他人の食事の選択を判断する。

他の人が不健康と思われる食べ物を食べていると嫌悪感を感じる。他の人が自分と違う食べ物を選択することに動揺する。自分のルールと違う人を避けるために、他の人と過ごす時間を制限する。自分の食事管理が気分を良くしているので、自分の判断を正当化する。それを証明する必要を強いられていると感じることがある。

 

3.食事は感情に影響を与える。

ダイエットを重視すれば、食べ物と精神状態に繋がりが生じる。

健康的な食事を成功や喜びと結びつける。

食事は幸せなライフスタイルの一部ではなく、「きれいな」食事により純粋な人生を手に入れようとする。気分を良くするための食行動をしていると、心身に健康に悪影響を与える可能性。

 

4.特定の食品または食品群全体を食事から排除する。

特定の成分や食品グループはクリーンでない、食べる価値がないと信じて、食事からそれらを完全に排除する。食べ物への執着は、単に宗教的な信念や持続可能な農業、環境保護、または動物福祉のための懸念ではない。特定の食べ物を恐れ、頻繁に栄養表示をチェックし、安心できるものを食べようとする。

 

5.どのように準備された食べ物かを心配する 

調理が自分のコントロール外にあるときに不安になる。外食したり、誰かが作った料理を食べなければならない場合、ストレスを感じる。

 

6.常に他人と自分を比較。

ソーシャルメディアの世界では、自分のライフスタイルを何百万人もの人々と簡単に比較できます。ソーシャルメディアは、摂食障害自己イメージの問題の一般的な触媒です。

ソーシャルメディアは、しばしば特定の食事の選択肢を理想化し、健康的な食事に関する誤った情報を広める。

調査研究によると、ソーシャルメディアユーザーの間では、食欲不振の有病率が有意に高かった。

 

7.特定の食品を食べると、罪悪感や恥を感じることがある 

ルールを破ったり、誘惑に負けたりすると、自己イメージと自己価値は著しく低下する。不健康であると思われるものを食べることに対して自分を悪く思い、自分を失望させたように感じる。

ある研究は、オルソレキシアの人が彼らのルールを犯すことは自己嫌悪の期間を引き起こし、罰としてさらに厳しいガイドラインを設定する結果になるかもしれないと述べている。 

 

8.食べ物へのこだわりのため、あなたの個人的な関係は悪化します。

健康的な食事に関する不安は、社会的な不安や、友人や家族の周りにいることへの抵抗感として現れる。

研究では、不健康な、または強迫的な摂食障害を持つ人々が、社会的状況でしばしばネガティブな認知を持つ。恥ずかしさを感じ、孤立する。

私たちの社会的交流の多くは食べ物を中心に展開しているため、不安の元となる環境で他の人と交流するのは難しいと感じる。

 

9.「不健康な」食べ物の周りにいると、気分が悪くなる。

Orthorexiaは、「不健康」であるという恐怖に基づいている。 

 

これを正当化するために、特定の食物と病気または病気との間に自分自身を関連付けることがある。病気を避けるためにある種の食事療法をする必要があると言う。

特定の食品を食べたり、見たりしても気分が悪くなる可能性があるため、これらの成分を積極的に避ける。

 

10.気分が頻繁に変動する。

幸福と充実感を食事に頼ることで、極端な感情に無防備になる。

食べるものによっては、陶酔感から激しい自己嫌悪の時期に切り替わることがあります。これらの気分のむらは、不安やうつ病インスタンスを増やすことがある。

 

11.「健康的な」食事を達成するための極端な努力

特定の食品をカットしたり、健康的な食事を広範囲に調査したりするだけでなく、食事の準備や食品の排除に取り付かれる場合もある。

不健康な浄化や断食をすることもある。 断続的な断食は、健康と食物摂取の削減との間に危険なつながりを生み出すため、通常、食欲不振やその他の摂食障害に関連している。