摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

TikTokの危険なコンテンツ 摂食障害への悪影響 new york post

nypost.com

TikTokにおいて #whatieatinaday などのタグで、危険なほどのダイエットを促している問題はたびたび記事になっています。その多くが900kcal程度で、実際には飢餓状態になり、健康・代謝、将来をも傷つけるものです。

 

TikTokは、批判にこたえてこのようなコンテンツは削除するとしていますが、現実にはたくさん残っています。

Middle East Eating Disorder Association (MEEDA)は同社に対して懸念のある内容を報告しましたが、ガイドラインには違反していないので削除できないと回答しました。

 

MEEDAは、乱れた食や極端なダイエットを促進するコンテンツをプラットフォーム側でチェックするよう請願を出しています。

摂食障害のメカニズムの一つは"他人との比較"であり、TikTokのコンテンツはまさに"トリガー"となります。」

 

このようなコンテンツのインプレッションはスーパーボウルのCMをはるかにしのいでおり、多くの人に届き、食べ物への怖れを引き起こしています。

 

 

一方、摂食障害から回復中の方によって一日に十分な量を食べていることを投稿する動画も発信されています。

www.tiktok.com