摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

うつ病を伴う神経性過食症に対するinterpersonal psychotherapy(IPT) メモ

jeatdisord.biomedcentral.com

 

IPT-BNm

 

一部DeepL 翻訳

IPT-BNmは特にED症状に焦点を当てている。この治療法はうつ病にも有効であり、うつ病症状の減少がその後のED症状の減少と相関しているように思われるという事実は興味深い。1つの視点としては、対人関係の問題に焦点を当てるIPTは、特定の症状を対象とした治療よりも、感情的苦痛に対してより一般的な影響を与えるというものがあります。治療は、絶望感、疎外感、不信感などの抑うつ症状に影響を与え、リモラルを高める効果があります。対人関係の問題がより理解しやすく、管理しやすいものになれば、行き詰って絶望しているという感覚の一般的な減少が達成されるかもしれない。治療はまず抑うつ症状の軽減につながり、その後ED症状の軽減につながるというのが妥当な示唆である。さらに、IPTのアプローチは、ED症状の改善につながると仮説されている対人ストレスやネガティブな影響を処理することに焦点を当てているため[7]、この変化のプロセスは患者の対人関係によって異なるペースで現れることは当然のことのように思われます。したがって、摂食障害に対するIPTで何が、どのように、どのように、いつ変化が起こるのかについて、より多くの研究が必要である。本研究は、摂食障害治療一般とIPT研究の両方において、共起症状の週次評価間の相関関係を分析した、私たちの知る限りでは初めての研究です。この研究は小規模ではありますが、これらの結果は、抑うつ症状の変化が次のセッションでのED症状の変化と強く相関していることを示唆しています。BNとうつ病の併存は一般的であり、ED治療を複雑にしたり障害にしたりする可能性があるため[4, 6]、IPT-BNmがBNと共起性うつ病に悩む患者にとって特に適した治療法であることを示す臨床的に重要な知見である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。