摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

PsychCentral 記事メモ コロナ禍と中年期の摂食障害

psychcentral.com

メモ

中年期の摂食障害とコロナ禍

摂食障害は孤立により進行する面があるが、コロナ禍で不確実性に満ちた中でよりコントロールを失う感覚をもたらす。

 

ダイエット文化の浸透により、動かないことによる体重増加を懸念するメッセージが多数流れた。

 

回復期の人たちは、コロナウイルスと社会・感情が制御不能に感じ、古い摂食障害の思考(身近なものを掌握したい切望)が戻ることに気づく

 

50才以上の女性の13%が食行動の乱れを感じ、それを管理するのに苦労している

 

子供を持つ女性は新たな役割を背負うことになった。

子供の世話と家庭での教育。

オンラインに対応すること。

 

家庭の食料品の買い物を担当する女性にとって、食料調達はパニックの引き金になっている。

 

子供のニーズを優先し、自分の世話をするための十分な時間を欠く。症状の管理や回復のプランを維持することが難しくなる。

 

絶え間なく送られる、「自分を理想に適合するよう外見などを変える」ことを求めるメッセージ。

 

治療を求めるために家庭や仕事を後回しにする罪悪感。収入減少、責任の増加。

 

遠隔治療の広範な適用の必要性。