摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Carrie Arnold 記事メモ

www.statnews.com

食料を十分に得られない層にも摂食障害

そこにあるのは「恥」など

十分な食料を得られない状況自体が摂食障害的な行動を起こしているなら、個人の問題にとどまらず社会の問題。それを無視すれば治療をしても効果は薄い。

家族に十分にたべさせるために自分が食べない人々のことなど、これまで視野にはいっていなかった。なぜなら研究は医療機関に訪れることのできる人を対象にしているから。

 食料を十分に得られない時期を経験した後の特異な食行動

 

以下google翻訳

W彼女の研究を同僚に説明するために使用された、摂食障害を研究する心理学者であるヘンキャロリンブラックベッカーは、空の視線を得るでしょう。結局のところ、この分野は、体重が少なく、白人で、中流階級の家族の若い女の子と女性に偏って集中していた。ベッカー自身は、彼女のキャリアのほとんどを女子学生会員の摂食障害の防止に焦点を当てて費やしていた。

その意味で、食糧不安に直面している人々、つまり十分な食糧に確実にアクセスできない人々の摂食障害を研究するという彼女の決定は、異例であり、奇妙でさえあるようでした。「誰もが私に2つの頭があるように私を見た」とベッカーは思い出す。

しかし、彼女は何かに夢中になっているとも思いました。そして、サンアントニオのフードバンクのクライアントの間で行われた、この問題に関する最初の主要な研究の結果を確定したとき、そのデータは驚くべきものでした。高いレベルの食品制限に加えて、食品の量を減らすための意図的な取り組み食べる—彼女と彼女の同僚は、自己誘発性の嘔吐や下剤の誤用など、むちゃくちゃな食事とパージングの高い率を報告しました。これらの率は、人々の食糧不安のレベルに応じて増加し、軽度の食糧不安しか持っていなかった人々の2.9%から、子供たちさえ空腹になっても食糧がほとんどない人々の37.6%に増加しました。

 


食糧不安を経験している一部の人々が時々より多く食べていたというだけではなく、それは理にかなっているでしょう。それは彼らが罪悪感を感じ、そうすることを恥じたことでもあります。彼らは、体重増加を防ぐために食後の嘔吐を報告し、22.8%は同じ理由で下剤または利尿薬を使用しました。

今流行っている: CDCは、深刻なCovid-19のリスクに直面しているアメリカ人に関するガイダンスを広げます
他の専門家は、そのような調査結果は理にかなっていると言います。

 


「人々はこの食物を受け取り、ロボットが完全に食べて、毎回満腹で止まることができるだろうという考えは、私には本当に笑えるようです」とニューヨークの私立の栄養士であるキミー・シンは言いました。

食料不安に直面している人々の摂食障害に関する貴重な研究はほとんど残っていません。しかし、サンアントニオのトリニティ大学で教えているベッカーと彼女の同僚は、彼らが特に今重要であると信じている分野の最前線にいます。

コロナウイルスパンデミックによる経済的影響の前でさえ、米国農務省はアメリカの世帯の11.1%が食料不安を経験していると推定しました。失業率が急上昇しているため、フードバンクからサービスを受けている人々の数は、突発的に急増しています。ベッカーをはじめとする一部の研究者は、その人口の中に隠されているのは、摂食障害に関するあらゆる決まり文句に挑戦する大規模で成長している人々のグループだと信じています。

文献の穴
2015年、Beckerと政治学者のKeesha Middlemassは、トリニティで食品システムの政治について学部生向けセミナーを共同で教えていました。

数日後、犬を散歩させている間、ベッカーは第二次世界大戦中に行われた有名な実験であるミネソタ飢餓研究について考えていました。当時、ミネソタ大学の生理学者であるアンセル・キーズは、政府から、戦後飢餓に直面していた何百万人もの人々に栄養を与える方法を理解するよう求められました。

そのため、Keysは36人の良心的反対者を募集し、体重の4分の1を失うまで、食物摂取量を半分に減らしました。それから、彼は彼らを養うことに着手しました。研究の結果は、2つの6インチ厚のハードカバーの本として書き上げられ、出版されました。

この研究は1980年代までほとんど忘れられていました。拒食症の研究者が、以前は健康であった若い男性(研究前に食物に異常な固定が見られなかった)と診療所に現れた患者の摂食障害との間の悩みの種に気付いたときです。男性が飢えたように、彼らは食べ物に取り付かれました。彼らはまた、より不安と落ち込んでいた。そして、研究の飢餓段階の後、キーズが食事への自由なアクセスを提供し始めたとき、男性は食べ過ぎになり始め、10,000カロリーを消費した後でも貪欲に感じ続けたと報告しました。

最初の摂食障害の科学者の一部にとって、キーズ研究は、食欲について考えるのをやめられないなど、拒食症の特徴であると思われる特徴は、正常な人間の反応の一部であったため、それほど障害ではなかったことを意味しました飢餓に。

ベッカーは別の認識を持っていました。食糧不安によって課せられた食事制限は、ミネソタ飢餓研究によって課された強制食物制限と違っていませんでした。そして、もし若者が食物を手に入れることができるようになった場合、食物が不安定な人たちもそうであるように思われました。

 


研究者たちはラットで同様のパターンを発見した。アラバマ大学バーミンガム校の生理学者メアリーボッジャーノが、ラットの通常の生活を送っていて、標準的なラットの固形飼料を食べているラットを研究したところ、彼ら全員が通常の量のラット食物を消費しました。研究の観点からは、かなり退屈でした。しかし、げっ歯類がラットの餌に断続的にアクセスできるようにして、いくつかの非常においしいオレオとストレス(軽度の足のショックの形)を加えると、突然の研究者全員がむちゃ食いしたラットのグループになりました。げっ歯類は、食糧不安を抱える低所得のマイノリティ集団で観察された同じ生理学的マーカーの多くを示しました。

食糧不安と摂食障害の明らかな類似点を考慮して、ベッカーはこの問題に関する研究を見つけることを期待していました。「私たちは学生に大規模な文献検索をさせました、そして、基本的に、トラックを運転するのに十分な大きさの文学の穴を見つけました」と彼女は言った。

ドルマス、ベッカー、および彼らの学生は、サンアントニオフードバンクまたは市内のアフィリエイトサイトの1つで食品を受け取っている503人を調査しました。彼らは2017年にInternational Journal of Eating Disordersに結果を発表しました。

彼らが見つけたのは、binge eatingを超えて、恥でした。嘔吐。下剤と利尿薬。

「心理学には、過食が消費される食品の量だけではないというものがあります。イェール大学医学部の心理学者であるジャネット・リデッカー氏は、「それは本当に苦痛であり、彼らが望んでも止められないという気持ちだ」と語った。「それで失敗の気持ちが生まれ、私が本来あるべき人間ではないという気持ちも生まれます。」

重要なことに、研究者たちは実際に摂食障害の人を診断しなかった。むしろ、一部の参加者は摂食障害と同じ行動の多くを報告しており、拒食症、過食症過食症などの状態にあることも可能であることを発見しました。トリニティチームはまた、参加者に体重の偏見に対する認識、または重すぎると感じた個人に対する偏見について尋ねました。案の定、定期的に食事をするのに十分ではなかった世帯でさえ、人々は体重を減らすために食事をしたいという欲求を報告しました。

研究者達が座って結果の分析を始めたとき、彼らは摂食障害の症状と食糧不安の間のほぼ線形の相関関係を発見しました。同じフードバンクのさらに多くの人口で実施された2019年の複製研究では、ほぼ同じ結果が見つかりました。「それは私が今まで見た中で最も悲しくて最も美しいデータの一部でした」とベッカーは言いました。

彼女の仕事は、摂食障害が実際に何であったかについての先入観に挑戦しました。

ニューヨークの栄養士シン氏は、こうした先入観は、摂食障害があり、助けを求める余裕のある人はより裕福になる傾向があるという事実から生じていると語った。そして、ほとんどの研究は診療所に現れた患者に対して行われます。

食品不安は、心理学と精神医学が摂食障害をどのように概念化したかという絵にさえ入らなかったとシンは言った。その結果、体重を減らすために自分を飢えさせることは障害と見なされましたが、家族に十分な食事ができるように自分を飢えさせることについては誰も考えていませんでした。


フィールドでの重要な瞬間
ベッカーの仕事は、摂食障害の分野で極めて重要な時期に来ました。この障害は、多くの場合、若くて薄くて白い裕福な若い女の子や女性に関連していますが、他の人たちは、摂食障害に苦しんでいるほとんどの人がそのステレオタイプに適合しないことを認識し始めていました。

研究者たちは、5歳から75歳までの人々、あらゆる形や大きさの人々、あらゆる人種や民族の人々の摂食障害を発見しています。アフリカ系アメリカ人、ラティーナ、およびネイティブアメリカンの10代の若者はすべて、白人の同世代の若者よりもむちゃ食いしてパージする可能性が高いことがわかっています。LGBTグループは驚くほど高い摂食障害率を持っていると報告されています。ミドルマス氏によると、貧困はこれらの個人の多くに影響を与えるとはいえ、研究者はまだ体系的に研究していません。

「私たちのデータは独特であり、私たちはステレオタイプに挑戦しているという点で」摂食障害低所得者に影響を与えない、と現在ハワード大学の教授であるミドルマスは言った。

昨年、ベッカーとミドルマスの仕事について聞いた後、オハイオ州コロンバスにある摂食障害を持つ人々のための治療センターであるバランスドリビングセンターは、2019年のホリデーシーズンにクライアントのための食糧貯蔵庫を作ることを決定しました。センターは患者とスタッフからの寄付を集めました。特に、回復している人にとって役に立たない可能性のある「ダイエット」製品を持ち込まないように彼らに求めました。

同センターの栄養士であるテイラー・レヒナー氏は、クライアントが食糧貯蔵庫が有用であると考えるだろうと彼女は予想したと語った。しかし、彼女は食糧を得るために何人の人々が助けを必要としているかに驚いた。

「私達はますます多くの人々が私達のより高いレベルのケアに来て食糧不安を抱えているのを見続けました、そしてこれは彼らの食物を得る能力を妨げていました」とレヒナーは言いました。

コロンブスの施設は現在、エミリープログラムとして知られる国立治療センターの一部であり、食糧安全保障についてさえ尋ねる米国で数少ない摂食障害クリニックの1つです。全く治療を受けられない食糧不安と摂食障害の両方に苦しんでいる無数の人々がいます。低所得者向けの健康保険の主な形態であるメディケイドの患者は、保険を受け入れる専門家や治療プログラムを見つけるのに苦労していると報告しています。

摂食障害は、内部で課された食事制限、体重減少を望んでいること、内部化された体重バイアスによって引き起こされると想定する代わりに、いくつかの外部要因があるかもしれません」とLydecker氏は語った。「そして、それを無視すれば、治療を行っても問題は消えません。」

Lydeckerにとって、MiddlemassとBeckerによる研究は、より広範な摂食障害の世界にこれらの問題に立ち向かうことを強制する上で重要でした。そして彼らはそのような強力なデータでそれをサポートしたので、プロバイダーと他の研究者を参加させることははるかに簡単です。

コロナウイルスパンデミックによる経済的影響により、レフナー氏はさらに多くの患者が適切な食物を見つけるのに苦労するだろうと語った。彼女は患者にそのような新しい問題を開示させていませんでしたが、多くはお金を節約するために約束を空け始めました—食糧不安がすぐそばにあるかもしれないという合図です。

ドルマス氏は、より多くの研究者が注目を集め始めることを望んでいると語った。

「どちらかと言えば」と彼女は言った。「摂食障害の分野が学際的であり、単なる伝統的な食料品店や中流階級の視点の外の食べ物について考えることを望みます。」