摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

'Never feel ashamed': The National 記事メモ

www.thenational.ae

25年の過食症の末に回復した男性の話と、「恥」ゆえにサポートを受けることが遅れる問題について

 

記事より、パンデミック下の摂食障害向けコーピング戦略

  • 明確な食事プランを立てる。 炭水化物・タンパク質、脂肪、乳製品、野菜、スナックも。理想的には3時間ごとには食べるようにすると、うまくいくようである。

 

  • 自分の気持ちを意識する。日々自分を振り返る時間を持つ。つまり立ち止まり、一歩下がって自分を観察し、注意をはらって歩むこと。
  • ダメージを受けたと感じてコーピングとして食べることを利用するとき、トリガーとなるものを認めて名前をつける。外的なもの、内的なもののどちらもありうる。

 

  • 深呼吸やボディスキャンなどのマインドフルネスやグラウンディングのテクニックを使う。アプリの使用もよい。

 

  • 物事のプラス面に注目。楽しんだこと、感謝すること、達成したことに気づいて一日を終える

 

  • 自分を責めたり自分を傷つけるようなことをしない。 "乱れた食生活をしていると感じたら、その原因に気付きましょう。この情報を有益な方法で使用し、これらの課題を特定し、有益な代替案を挙げることによって、前進する方法を計画してください。"

 

  • 応援してくれる人、サポートを見つける。応援してくれる人が周りにするとよい感情を持つことができ、結果自分を助けることになる。

 

  • Be mindful of media and making any comparisons between yourself and the images of people you see portrayed.
  • 食べるときはマインドフルであること。テレビやソーシャルメディアを見ながらは避けるて、「今ここ」を意識する。定期的に身体を動かす

 

  • 苦しいときには誰かに話してみる、サポートを受け入れる。

一部 DeepL 翻訳使用