摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

コロナ関連 摂食障害セラピスト jennifer_rollin インスタグラム

www.instagram.com

Amidst Coronavirus
• Packaged and frozen meals can be part of a healthy diet-
there is no need to fear them!
• It's pro-recovery to make sure that you have enough food in
your home right now to sustain you for a while (I also want to
acknowledge that not everyone has the ability to do so due to
financial concerns-which is so hard).
• If you are triggered by feelings of scarcity talk this out with
your therapist and develop a coping plan.
• Keep your recovery appointments! If you've been displaced
due to the virus and can't see your therapist-reach out to
someone locally for temporary help.
• Try to maintain a sense of structure (but not rigid structure).
Set a loose and flexible schedule for yourself.

• Add in some additional self-care and support if needed due to
higher anxiety-think about what would feel soothing to you
and try to incorporate that into your daily routine.
• Don't isolate! Eating disorders love isolation. Reach out to
people online, via social media, Facetime, phone, or text. You
are NOT a burden.

DeepL翻訳利用

コロナウイルスの中
- パッケージ化された食事や冷凍食品は、健康的な食生活として活用できます。
怖がる必要はありません
- 今しばらくの間、家に十分な食料を確保することが回復のためになります。
(経済的な事情で誰もができるわけではないことは認めざるを得ません)
- 欠乏・不足がトリガーになりそうなら、このことをセラピストに相談し、対処法を考えましょう。
- 回復の予約は必ず取っておきましょう。あなたが離れ離れになっていた場合
ウイルスが原因でセラピストに会えず、手を差し伸べることができません。
地元の人に一時的に手伝ってもらう
- 構造体の感覚を維持するようにしましょう(ただし、硬直した構造ではありません)。
自分のために緩く柔軟なスケジュールを設定しましょう。

- 必要に応じて、セルフケアとサポートを追加します。
不安が高まる-何があなたにとって心を和らげるかを考える
と、それを毎日の生活に取り入れてみてください。
- 孤立しないで!摂食障害は孤立が大好きです。手を差し伸べて
ソーシャルメディアFacetime、電話、テキストを介して、オンラインの人々。それは負担をかけることではありません。