摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

Subclinical Eating Disorder

https://blog.zencare.co/subclinical-eating-disorders/

ZENCAREというサイトの記事です。

ZENCARE は、各種セラピストを見つけるためのサイトのようです。

正式に診断を受けるほどではない摂食障害について警告しています。

 

Subclinical Eating Disorder(診断以前の段階の摂食障害くらいの意味?)

 診断基準は満たしていないが、次のうち1つ以上のサインを示す人

  • 外観による低い自尊心または自尊心
  • ダイエットに多くの時間を捧げる
  • 体重を減らすか、体の形を変えようとして多くの時間を費やす 

 

一般的な症状

    体を隠すための重ね着
体重、食物、カロリー、脂肪グラム、炭水化物、マクロ、および/またはダイエットに対する関心
食品の全カテゴリーを除外(例えば、炭水化物、砂糖などがない。)
自分の体に対する否定的な感情についてよく考えたり話したりすること
食後に罪悪感を感じることが多い
他人と一緒に食事をすることに抵抗を感じる
食の祭事(特定の食品または食品群のみを食べる、過度に噛む、または食品に触れさせないなど)
食事を抜くか、通常の食事で少量の食事をとること
自己誘発性嘔吐または下剤の使用によるパージ
見知らぬ場所で食べ物を盗む、またはため込むこと
摂食を避けるための水、コーヒー、または非カロリー飲料の過剰摂取
マウスウォッシュ、ミント、ガムの過剰使用
天候、疲労、病気、怪我にもかかわらず、過度で厳格な運動療法を維持すること
友人、家族、および/または活動からの離脱
外観に欠陥がないかミラーを頻繁にチェックする
食習慣のコントロールができていないと感じること
原因不明の気分の変動
他の重要な活動を犠牲にして、自分の体型と体重を心配して不釣り合いな時間を費やすこと

(翻訳:みらい翻訳https://miraitranslate.com/trial/ )

 

治療でよく行われること

・病歴、現在の行動や懸念、食物や身体との関係の徹底的な評価

・治療目標についての話し合い

・現状を記録すること

・目標に取り組む

  あなたの摂食問題を維持する可能性のあるメカニズムを明らかにする

  ボディイメージに関連する問題に対処する

  食行動を規制するための戦略を学ぶ

  価値観システムの再配線に取り組み、自分の感覚があなたの形、体重、およびそれらの要因の制御に影響されないようにします

・記録の保存、復習、実践