摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

正直さと摂食障害の回復

www.eatingdisorderhope.com

 

摂食障害の援助団体HOPEの記事より、google翻訳&意訳で紹介します。

The Inportance of Honesty in ED REcovery

 

摂食障害において、正直さと私たちの価値観を発見することは回復プロセスの不可欠な部分です。それらについて名前を付けることによって、摂食障害がそれらの価値観とは全く反対の生活をもたらすことがすぐに明らかになります。健康な自己は誠実さと透明性を目指して努力していますが、摂食障害は秘密、孤立、ごまかしの努力です。

摂食障害の苦しい戦いの中にいるとき、彼らは嘘とごまかしの混乱した罠に陥っており、その罠は危険な対処メカニズムを維持し、彼らを心から助けたいと思っている人たちを遠ざけます。私達はオープンでありたい、関心を持ち愛してほしいといいながら、相変わらず心のうちや自分自信を隠し、最も親しい人たちとの関係から遠ざかります。摂食障害の嘘は強力で、客観的に見れば欲求不満、絶望、断絶、そして空虚につながるだけであり、彼らが言っていることと正反対です。オープンであり続けるための努力は、日々の日常にあります。

また、親、愛する人、そして友人がいつも助けようとしてくれていることを思い出すことも重要です。少しの摂食障害行動も隠しておきたいという誘惑は強いものがあります。しかし、オープンでいることが状況を良くし、それ自体簡単になっていくということも事実です。

 

1 自分に対して正直であること

 最初に、私達は私達の問題の深刻さと私達の肉体的、感情的、精神的、人間関係の健康さに対する脅威について正直でなければなりません。摂食障害の影響を軽視することは、私たちが必要とし、値するケアを受けないようにするためにこの病気が使うトリックです。摂食障害の回復に、あなたがどれほど頑張っているかにも正直に。もし回復の道のりから外れてしまったように感じても、それを無視したりせず、回復のためのモチベーションとして利用すれば良い。

 

2 治療チームに誠実であること

 治療チームに対して正直でいることが、回復に必要なことです。あなたは何かを演じる必要はありません。あるときはとても良い治療の回だと思い、また別のときには何も進歩がないと思うかもしれません。 欲求不満になったり、食べ物の制限を続けていたり、排出行動をしていたり、再発もあるかもしれません。正直であることは回復のためのエッセンスです。そうでなければ、援助者も癒やすべきあなたの傷が何なのか知ることができません。回復の旅に完璧はないでしょう。しかし、治療チームはプロによって成り立っており、あなたにプロであることを求めてはいません。

 

3 他者への正直さ

 

 オープンであること、正直であることは大切ですが、誰に対してかは意図的にする必要があります。

 

この先編集中~