摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

神経性食欲不振症と病態失認

www.verywellmind.com

 

 

神経性食欲不振症やその他の制限的な摂食障害の厄介なことは、患者が病気ではないと信じていることです。

病気であると信じなければ、回復したいという動機は生まれません。

神経性食欲不振症患者の8割に病気の否定があるとの調査があります。

(Vandereycken W.神経性食欲不振症における病気の否定—概念的レビュー:パート1診断の重要性と評価。 Eur Eat DisordersRev。2006; 14(5):341-351。doi:10.1002 / erv.721)

 

神経性食欲不振症患者の一部には深刻な洞察力の障害がある。

Konstantakopoulos G、Tchanturia K、Surguladze SA、David AS 摂食障害の洞察:臨床的および認知的相関。 サイコールメッド2011; 41(9):1951-1961。doi:10.1017 / S0033291710002539

 

病気の否定は摂食障害の人にはよくみられ、その重症度に対する洞察の欠如は神経性食欲不振症の決定的な特徴です。

 

以前はこの認識の欠如が「否定」とよばれていたが、現在は「病態失認」といわれる。もともとは脳に損傷のある人が特定の欠陥に対する認識が欠如している状態を指す。

 

病態失認、または認識の欠如には解剖学的な根拠があり、おそらく栄養失調による脳の損傷によって引き起こされます。

 

神経性食欲不振症で衰弱しても無関心であることは、神経障害で説明されている病態失認に似ているといわれる。

 

「栄養失調の危険な結果に対して無関心なことは、情報が処理されていないか、認識に達していない可能性があることを示唆しています。」

 

摂食障害の人が自分が病気であると認めず回復に無関心な場合、必ずしも反抗・抵抗的なのではなく、洞察力がない可能性が高いです。

 

彼らのためにできること

 

 

1,サポートと懸念を示します(そうしないと、気にしないように見えます)。
2, 共感と理解を表明する。そして
3, 本当のことを言う。

 

病態失認は脳の状態であり、否認と同じではありません。幸いなことに脳は栄養補給と体重を増やすことで回復します。動機と洞察も戻ってきます。