摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

感情

摂食障害とTiktok特有の問題 The Guam Daily Post

TikTokと摂食障害www.postguam.com TikTok is ‘like a trap' for teens with eating disorders | Lifestyle | postguam.com パンデミックにより、TikTokでは食事量や運動習慣の投稿が増加。 多くの若者がソーシャルメディアに費やす時間が増え、摂食障害の発…

ミーティング資料 自尊心を育てるワークブック より

仲間とLINEミーティングをしており、明日の資料を作成。 「自尊心を育てるワークブック」より引用 自尊心を育てるワークブック 作者:グレン・R. シラルディ 発売日: 2011/10/01 メディア: 単行本 自尊心に関する考え1.私は自分に満足している。それはよいこ…

恥と闘い、対処する hope記事

www.eatingdisorderhope.com google翻訳使用 恥により、回避・自己罰的 また自分を損なう行動をとることがある。 恥は心理だけでなく身体的反応でもある。(胸が締まり、顔が紅潮し、消えたいという欲求など) 恥は、わたしたちは十分ではないという気持ちにさ…

恥(シェイム) 生きづらさの根っこにあるもの 岩壁茂

恥(シェイム) 生きづらさの根っこにあるもの 岩壁茂

夏休み当事者会

自尊心を育てるワークブック 作者: グレン・R.シラルディ,Glenn R. Schiraldi,高山巌 出版社/メーカー: 金剛出版 発売日: 2011/10/01 メディア: 単行本 クリック: 43回 この商品を含むブログ (1件) を見る 来週はお盆休みということで、摂食障害・依存症、そ…

認知療法全技法ガイド

認知療法全技法ガイド

からだのシューレ vol.21「摂食障害と恋愛」

摂食障害関連イベント からだのシューレ vol.21「摂食障害と恋愛」

失感情症 アレキシサイミア

失感情症(アレキシサイミア)と摂食障害

ツイッターから 「太っている」という言葉

誰かが「太っている」というとき、自分の方を変えようとすることに陥らないように。代わりに、なぜネガティブなイメージや価値を持つのか問い直してみること。 https://t.co/WVGtEhp9nh — 「い」 (@chochocho4) February 22, 2019

精神保健福祉士・斉藤章佳さんインタビュー

男性でも「摂食障害」になってしまう理由 精神保健福祉士・斉藤章佳さんインタビュー - メシ通 | ホットペッパーグルメ ホットペッパーのサイトですが、今回の記事は思いっきりメンタルの話です。 たびたびネットにも登場する精神保健福祉士 斉藤章佳氏のチ…

自傷行為に至る要因に関する一研究 メンヘラ.jpより

menhera.jp メンヘラ.jpというサイトに、過去の論文が記事として掲載されています。 長いのでざっとしか読んだだけですが、要因として愛着の問題から共依存、嗜癖まで幅広く網羅しているようです。

1月22日東京新聞

東京新聞の記者さんが摂食障害の経験を記事にしていました。 NABAに通って、社会の規範に縛られていたことや傷つき体験を語ることで症状がなくなっていったようです。

「自尊心を育てるワークブック」メモ1

自尊心について、著者が「ハワードの原則」としている内容 「すべての人間は、人として無限で本質的な永続する無条件の価値を持っている すべての人間は人として同等の価値を持っている。人間の価値は比較したり、競い合ったりするものではない。ある人はス…

ダイエット精神を捨てる12の理由

英語のハフポストの記事です。 www.huffpost.com ダイエットで食事制限をしても、最終的にはうまくいかないと言っています。短期的には体重が減るかもしれませんが、長期的に有害な可能性がある理由を示しています。 いくつかを意訳してみます。 ・意志の力…

どういう支援が欲しいか言うこと

本日更新の「ヒキポス」の記事より考えること。 ひきこもりの人はどういう支援がほしいか、言うと図々しい気がして言えない。すると支援する側とのミスマッチが起こり、双方が不幸だというお話です。 翻って自分が過食でどうにもならなかった時にどんな支援…

からだのシューレ vol.14 「当事者が語る、摂食障害の作り方」

からだのシューレ という団体?のイベントのご紹介です。 2月23日 東京ウィメンズプラザにて どうやったら摂食障害になれるかを考えることで、ならないことを考えるとのもくろみ。文化人類学的なアプローチとのこと。定員20名なのでご興味ある方は急いで。 pe…

摂食障害回復のエッセンス 

三田こころの健康クリニック新宿のブログでは摂食障害をテーマにしているので、チェックしています。 摂食障害の回復について昔は親子関係を強調することがありましたが、近年は原因より現実的に回復に必要なことに焦点をあてる文献が増えました。上記ブログ…

三田こころのクリニックブログ 12/3 より

三田こころのクリニックでは、数日おきに摂食障害関連のブログが更新されています。 ipt-clinic.com 今回は過食症状の意味するものについて解説しています。 端的に言うと、過食行動は感情をわからなくさせて、本来の悩みから逃避させること。 記事では過食…

失ったものを見据える

nikkan-spa.jp 上記は、長年生きることに困難を抱えながら54才で発達障害と診断された方の記事です。読んで思いだしたのは、自分が感じた「失った時間は取り戻せない」ということ。 10代からうつがあり拒食が始まり、比較的早くから治療も受けていましたが、…

依存症と自助グループが舞台の演劇 「今も彷徨うアングリマーラ」

gekidan-take.com アルコホーリクス・アノニマスでも断酒会でもない禁酒の自助グループを舞台に、人間の欲望・依存を浮かび上がらせるという演劇の公演があるそうです。ドラッグあり、ギャンブルありの会話劇ということで、おもしろそうです。 劇団竹 第11回…

のびの会 ミニコミ誌

神奈川県横浜市にある、摂食障害や境界性パーソナリティ障害などの支援団体「のびの会」のミニコミ誌が届きました。 今回の特集は一人暮らしのすすめ。 個人の体験談と、部屋の間取り、配置の図があります。 体験談によると、親元を離れて一人暮らしをしてみ…

女性アスリートと摂食障害 blogos.com 11/29

blogos.com 女性アスリートに関する摂食障害の話題が毎週のように記事になっています。 今回はblogos.com。 今どきのコーチでも、単純に「やせろ」とか言い放ったりするのですかね。 「痩せたければ食わなければいい」くらいにしか考えていないような程度に…

アルコール依存症へのアプローチ 現在進行形

toyokeizai.net 完全にアルコール依存症に陥っていると思われる筆者による記事。 私が興味をひかれたのは二人の医師のアプローチ。 一人は「このまま飲み続けると死んじゃうよ」的な脅しプラン。 二人目のときは若干検査数値がよくなっていたためか、 「まあ…

高タンパク/低糖質食+プロテイン+ATPで過食症完治?

ameblo.jp 上記は精神科医によるブログです。 この記事以外にも、いろいろな精神の病気を食餌療法で回復させているとのこと。 急にプロテインや高タンパク食で肝臓は大丈夫かと思いますが、血液検査しながらなので大丈夫なのかな。 「認知のゆがみが摂食障害…

読書メモ 「よくわかるACT」1

6つのコアとなるセラピープロセス ・「今、この瞬間」との接触 体だけでなく、心が今この瞬間のあること、今起きているすべてのことに意識を向け、関わりをもつこと。 ・脱フュージョン 自分の思考、想像や記憶から一歩下がり、自分を切り離す、あるいは距離…

アノレキシアファミリー 親のための無料ガイドブック

https://anorexiafamily.com/help-sheets-eating-disorder-family-fbt/ アノレキシアファミリー ドットコムに、摂食障害の家族向けサポートPDFがあります。£0.00となっているので、カートに入れて会計後にダウンロードできます。 ダウンロードしなくても、サ…

価値観の選択

www.hikipos.info ひきこもりに関する話題を毎日のようにネットで見ます。 自分も一時期そのような時期があったし、メンタル系ということで読むこともあります。ただ、自分のメインの問題がひきこもりだったわけではないので、距離をおき気味でした。 それが…

変化への抵抗

摂食障害、拒食、過食、どちらにしても治りたい気持ちと治るのが怖い気持ちが同居するのはよくあることです。 抑うつ状態のときには、よくなることが「元気にふるまうことを強いられる」ように感じることもありました。 わたしは最終的に治るかどうかは問題…

こころの科学 2018年11月号

www.nippyo.co.jp 積ん読気味だし、支援者でもないので買うのをためらっている本。 いつか中古で出たら買おうかと。 現在の自分はこの本の特集「助けてが言えない」からは脱していると思います。 困難は次から次へとやってきて、こうなったら絶対安心という…

有名人と依存症・摂食障害

rollingstonejapan.com フローレンス・ウェルチという人もフローレンス・アンド・ザ・マシーンというバンドも知らないし、興味もないわけですが、記事で興味深かった点がありました。 アルコール依存のために入っていた療養所のことを、ある種のスパと思って…