摂食障害 情報メモ

摂食障害の回復に役立つことや関連情報。忘備録。

司法

TJ(治療的司法 therapeutic justice)シンポジウム 2020/3/22 立川

TJ(治療的司法 therapeutic justice)シンポジウム IN多摩3月22日(日)13:30~17:00@東京都立川市緑町7-1アーバス立川高松駅前ビル2階 多摩ひまわりホール パネリスト 松本俊彦さん(精神科医) 市川岳仁さん(三重ダルく) 森久智江さん(立命館大学) コーデ…

「治療的司法の実践-更生を見据えた刑事弁護のために-」

本のご紹介です。 治療的司法の実践 ―更生を見据えた刑事弁護のために― 作者: 治療的司法研究会,指宿信 出版社/メーカー: 第一法規 発売日: 2018/10/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 取り上げられているのは「薬物事件」「窃盗事件」「暴行…

ATA-net 最終報告会

ATA-net 最終報告会

NNNドキュメント 刑罰と治療 ~クレプトマニアという闇~

NNNドキュメント 刑罰と治療 ~クレプトマニアという闇~ 再放送

クレプトマニアについて・・・万引きGメンの立場から

摂食障害とクレプトマニアの関連については、精神科医の間でも賛否両論のようです。 摂食障害でクレプトマニアであると診断されて、裁判の刑を猶予されるということを記事では問題にしています。 薬物依存の場合でも「刑罰より治療を」という考え方が広まっ…

ふたたび万引きについて

元マラソン日本代表の判決を受けて、筑波大学教授 原田孝之氏の記事です。 窃盗症は難治ではあるけれど、治療を受ければ治る病気と言われています。エビデンスのある心理療法があり、薬物療法も使えて、"こうなったら人生おわり"というようなものではないは…

触法精神障害者 Wezzyの記事より

wezz-y.com この記事は比較的粗暴な犯罪を犯した精神障害者を念頭に置いた記事にもみえますが、摂食障害と万引きにも無縁ではありません。 万引きは通称であり、窃盗罪です。軽犯罪ではなく、10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。 北九州の女子医療刑…

2018年09月18日 特別講演「肯定的犯罪学:犯罪学と被害者学に関する研究の新たなパースペクティヴ」

前回に引き続き、摂食障害-依存症-薬物依存-犯罪学 のつながりで、 無料イベントのご紹介です。 2018年09月18日 特別講演「肯定的犯罪学:犯罪学と被害者学に関する研究の新たなパースペクティヴ」 〜ポジティヴ犯罪学と12ステップのスピリチュアリティーを…

治療的司法研究センター 設立一周年記念シンポジウム  7/21(土)

治療的司法研究センター 設立一周年記念シンポジウムのご案内 | 成城大学 “嗜癖行動”は止められるか —問題解決型の刑事司法の導入を目指して—