摂食障害当事者研究会-はてな

摂食障害・うつ歴25年。回復して10年。回復に役立つことや関連情報。

ジャパンマックと豆の木ネットセミナー 2020/3/19

ジャパンマックと豆の木ネットセミナー

 「アディクションは止まったけど生きづらい」

2020年3月19日 10:00-15:30

赤羽会館 4階 大ホール

入場無料 予約不要

 

 

f:id:yoshie-iwasa:20200127201723j:plain

f:id:yoshie-iwasa:20200127201819j:plain

 

 

 

 

 

 

「ダメ。ゼッタイ。」から一歩踏み込む薬物乱用防止教育 2/2

昭和薬科大学

第3回 生涯学習研修講座 2/2

「排除ではなく理解を:新しい視点からの薬物乱用防止教育がなぜいま必要なのか」

 

2020年2月2日(日) 10:00〜13:00(受付は9:00より)

昭和薬科大学 第2講義棟 2階202教室

無料

対象薬剤師、養護教諭はじめ学校の先生方、市民、学生

f:id:yoshie-iwasa:20200127200254j:plain

 

ダイエット幻想 磯野真穂

 

ダイエット幻想 (ちくまプリマー新書)

ダイエット幻想 (ちくまプリマー新書)

 

 やせたい、かわいくなりたい、と思ってしまうからくりを解き明かす内容。

当事者グループで資料として、分かち合いをしています。

 

他者の価値などによりタグ付けし合う関係が社会を成り立たせていることを認めつつ、不確定性に眼を開き、流れる漂うラインとしての生き方を提案。

体重と摂食障害に関する9つの真実 2020 Academy for Eating Disorders

以前、摂食障害に関する9つの真実というのがありましたが、こちらは「体重と摂食障害に関する9つの真実 2020版」

Nine Truths about  Weight and Eating Disorders

 

https://higherlogicdownload.s3.amazonaws.com/AEDWEB/27a3b69a-8aae-45b2-a04c-2a078d02145d/UploadedImages/Documents/Nine_Truths_about_Weight_and_Eating_Disorders_1-2020.pdf

1 Weight is influenced by multiple factors, including biological, psychological, behavioral,

social, and economic factors. 体重は、生物学的要因、心理的要因、行動的要因、社会的要因、経済的要因など、複数の要因の影響を受けます。

 

2 There is a complex relationship between weight and health that is different for each person. Body mass index is an imprecise proxy measure of adiposity and is not a direct measure of health.

体重と健康には人それぞれ異なる複雑な関係があります

BMIは、肥満の不正確な代用指標であり、直接健康を測るものではありません。

 

3 Weight is sensitive and personal, as it is determined and experienced uniquely for each individual and, when appropriate to do so, should be approached thoughtfully and respectfully. At the same time, weight is a highly politicized issue with social and economic linkages that intersect with social inequalities.

体重は個人固有に決まるもので、個人的でデリケートなことであり、アプローチが必要な場合であっても思慮深く、敬意をもってされるべきです。

同時に体重は社会や経済とも関係し、社会的不平等とも関連する政治的なことがらでもあります。

 

4 Weight bias and weight-based discrimination are prevalent and have pervasive negative consequences for health, social relationships, education, employment, and income. Weight bias is one facet of the cultural appearance ideals that emphasize and idealize thinness and are implicated in the development and maintenance of disordered eating behavior

体重の偏りと体重に基づく差別は一般的であり、広範に否定的である

健康、社会的関係、教育、雇用、収入に対する影響。 重量

偏見は、薄さを強調し理想化する文化的外観の理想の1つの側面です

そして、摂食障害の発達と維持に関係している(google翻訳)

 

5 All people, irrespective of their weight, deserve equitable treatment — in healthcare settings and society. Weight bias and weight-based discrimination are never acceptable.

すべての人々は、体重に関係なく、公平な治療に値します—ヘルスケアの環境と社会において。 体重の偏りや体重に基づく差別は決して受け入れられません。

 

6 Weight is assessed by objective physical measurement; whereas, the threshold of body mass index used to classify obesity is based on arbitrary medical convention. Eating disorders are defined by thoughts, feelings and behaviors, and obesity is not an eating disorder.

体重は客観的な身体測定によって評価されます。 一方、体重の閾値

肥満の分類に使用されるBMIは、恣意的な医学的慣習に基づいています。 摂食障害思考、感情、行動によって定義され、肥満は摂食障害ではありません。

 

7 Accurate judgments about a person’s cognitions, personality, or behaviors cannot be made on the basis of their weight and appearance, and eating disorders cannot be diagnosed on the basis of a person’s weight or appearance. Eating disorders affect people across the weight spectrum.

体重と外見では人の認知、人格、または行動に関する正確な判断はできず、摂食障害も体重や外観では診断できません。 摂食障害は体重に関わらず起こりえます。

 

8 Dietary restriction can increase the risk for developing an eating disorder and can be harmful for many individuals across the weight spectrum. This risk must be considered during discussions and interventions relating to diet and weight.

食事制限は摂食障害を発症するリスクを高める可能性があり、どんな体重の人にも害になる可能性があります。ダイエットと体重に関する議論をする際は、 このリスクを考慮する必要があります

 

9 Positive body image, regardless of weight, protects against disordered eating and other mental health problems and is associated with better physical health outcomes

ポジティブな身体イメージは、その体重に関わりなく食の問題、その他の健康問題から身を守り、身体的な健康に寄与します。

 

https://www.aedweb.org/home

記事メモ 赤城高原ホスピタル 竹村道夫院長

www.sankei.com

 

約25年前の主治医。

当時は摂食障害で窃盗症の人がいるのは認識されてたけれど、それを主目的に入院している人はいなかったと思います。